中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  アルファ ロメオ >  4Cスパイダー
4Cスパイダー「アルファ ロメオ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年02月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
849万円~1110万円
JC08モード燃費
12.1km/L
10・15モード燃費
排気量
1742cc
最高出力
240ps
駆動方式
MR
スケール
3990mm×1870mm×1190mm
乗車定員
2名


4Cスパイダーのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.7 2017年02月~  849万円(税込) MR コラム6AT
1.7 2017年02月~  849万円(税込) MR コラム6AT
107th エディション 2017年05月~  1070万円(税込) MR コラム6AT
107th エディション 2017年05月~  1070万円(税込) MR コラム6AT
イタリア 2019年03月~  1110万円(税込) MR コラム6AT

4Cスパイダーの他のモデル

2017/02~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/11~2017/01 フルモデルチェンジ新車リリース ミッドシップスポーツ4Cのオープントップモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】フィアット 500X|ファッション性だけじゃない! 街中をキビキビと走る“フィアットらしさ”が増したモデルだ

▲市街地をキビキビと走る500X。日本では2015年10月に登場し、このたびマイナーチェンジを行った。今回は自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートするFCA初のコンパクトSUVがマイナーチェンジフィアット 500のスタイリングを持つコンパクトSUVが500X。 フィアットとクライスラーが一緒になったFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)初のコンパクトSUVである。 500Xに初めて試乗したのは、マイナーチェンジ前の2017年はじめだった。同時期の500同様に、クオリティはかなり良くなっていた。 以前までのモデルは、ツインクラッチによるATの制御といい、サスペンションといいまだまだ進化の途中という感じであった。 今回は2019年5月にマイナーチェンジを受けたモデルに、東京都内の市街地エリアで試乗することとなった。見た目も内面も上質で「良いもの感」がアップまずはエクステリアから見ていく。ヘッドライトがより二重まぶたのようにくっきりとし、以前のモデルよりもさらに愛嬌が増したデザインとなった。 ドアを開け室内に入り込む。レトロフィ  ・・・続きはこちら
(19-06-18)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索