中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  アウディ >  A6アバント
A6アバント「アウディ」のカタログ情報!

A6アバントのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
666万円~1010万円
JC08モード燃費
12.6km/L~15.4km/L
10・15モード燃費
排気量
1798cc~2994cc
最高出力
190ps~333ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4955mm×1875mm×1495mm/他
乗車定員
5名


A6アバントのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.8 TFSI 2016年10月~  666万円(税込) FF フロア7AT
1.8 TFSI Sラインパッケージ 2016年10月~  790万円(税込) FF フロア7AT
2.0 TFSI クワトロ 4WD 2016年10月~  718万円(税込) 4WD フロア7AT
2.0 TFSI クワトロ Sラインパッケージ 4WD 2016年10月~  805万円(税込) 4WD フロア7AT
3.0 TFSI クワトロ 4WD 2016年10月~  926万円(税込) 4WD フロア7AT

A6アバントの他のモデル

2016/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/07~2016/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エクステリアを中心に質感と存在感が向上  
2014/04~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/07~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 レーンアシストを一部グレードに標準装備  
2012/02~2013/06 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 軽量化と効率化を実現 モデル一覧→
2010/08~2012/01 フルモデルチェンジ一部改良 全車にエアサスを装備  
2009/08~2010/07 フルモデルチェンジ一部改良 HDDナビゲーションシステムを導入  
2009/01~2009/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 新グレードの設定と内外装の意匠変更を実施  
2007/08~2008/12 フルモデルチェンジ一部改良 2.8L直噴エンジン搭載モデル追加と一部改良  
2007/01~2007/07 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/08~2006/12 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードの設定と装備の充実  
2005/06~2006/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ スポーティかつスタイリッシュなワゴン モデル一覧→
2003/09~2005/05 フルモデルチェンジ一部改良 グレードや装備の変更  
2002/09~2003/08 フルモデルチェンジ一部改良 グレードの追加  
2001/11~2002/08 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と基本性能の向上  
2000/10~2001/10 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備の充実化  
1999/09~2000/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実化とグレードの追加  
1998/07~1999/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
1996/10~1998/06 フルモデルチェンジ一部改良 97年モデル販売  
1995/10~1996/09 フルモデルチェンジ一部改良 96年モデル発売  
1994/11~1995/09 フルモデルチェンジ新車リリース クワトロシステムを採用したワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

新型アウディ A5は、ゆとりを持って優雅に乗るのが似合う

▲9年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たしたアウディ A5フォルムから湧き出る成熟した大人の価値を証明する1台アウディにおいてデザインとクオリティのバランスが、最も優れているモデルがA5である。クーペ、スポーツバックともに、先代と比べてキャラクターラインの陰影が際立っており、スポーツラグジュアリー感を増した印象となった。そしてライトを小さく、グリルを下にして従来の縦長から横長にすることで、落ち着いたエレガントな様相を呈している。パネルのプレス技術も素晴らしい。インテリアの質感にも隙はない。手に触れる部分をすべてソフトパッドにしたマットな作り込みは、このクラスの中で最も際立った良質な作りだ。A5は仕立ての良いスーツと良質なテキスタイルを自然と理解している人の御用達といえよう。剛性が高くスポーティな味付けであるが、サスペンションの動きは長距離でも疲れにくい仕様になっている。2Lターボの静粛性はこのクラスでトップであろう。以前乗ったスポーツバックモデルに比べ、クーペの方がキビキビとした動きだったのが印象的だ。急激な加速はこの車には似合わない。いつでもゆとりをもって優雅に  ・・・続きはこちら
(17-11-11)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索