中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  アウディ >  A6アバント
A6アバント「アウディ」のカタログ情報!

A6アバントのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
666万円~1010万円
JC08モード燃費
12.6km/L~15.4km/L
10・15モード燃費
排気量
1798cc~2994cc
最高出力
190ps~333ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4955mm×1875mm×1495mm/他
乗車定員
5名


A6アバントのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.8 TFSI 2016年10月~  666万円(税込) FF フロア7AT
1.8 TFSI Sラインパッケージ 2016年10月~  790万円(税込) FF フロア7AT
2.0 TFSI クワトロ 4WD 2016年10月~  718万円(税込) 4WD フロア7AT
2.0 TFSI クワトロ Sラインパッケージ 4WD 2016年10月~  805万円(税込) 4WD フロア7AT
3.0 TFSI クワトロ 4WD 2016年10月~  926万円(税込) 4WD フロア7AT

A6アバントの他のモデル

2016/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/07~2016/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エクステリアを中心に質感と存在感が向上  
2014/04~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/07~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 レーンアシストを一部グレードに標準装備  
2012/02~2013/06 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 軽量化と効率化を実現 モデル一覧→
2010/08~2012/01 フルモデルチェンジ一部改良 全車にエアサスを装備  
2009/08~2010/07 フルモデルチェンジ一部改良 HDDナビゲーションシステムを導入  
2009/01~2009/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 新グレードの設定と内外装の意匠変更を実施  
2007/08~2008/12 フルモデルチェンジ一部改良 2.8L直噴エンジン搭載モデル追加と一部改良  
2007/01~2007/07 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/08~2006/12 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードの設定と装備の充実  
2005/06~2006/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ スポーティかつスタイリッシュなワゴン モデル一覧→
2003/09~2005/05 フルモデルチェンジ一部改良 グレードや装備の変更  
2002/09~2003/08 フルモデルチェンジ一部改良 グレードの追加  
2001/11~2002/08 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と基本性能の向上  
2000/10~2001/10 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備の充実化  
1999/09~2000/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実化とグレードの追加  
1998/07~1999/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
1996/10~1998/06 フルモデルチェンジ一部改良 97年モデル販売  
1995/10~1996/09 フルモデルチェンジ一部改良 96年モデル発売  
1994/11~1995/09 フルモデルチェンジ新車リリース クワトロシステムを採用したワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

Light(軽量)ではなくRight(適切)サイジングを目指したアウディ A3スポーツバック(試乗レポート)

▲プレミアムコンパクトハッチバック&セダンがマイナーチェンジ。FFの1.4 TFSIと4WDの2.0 TFSI クワトロをラインナップ、今回から17インチホイールを装着し、車高を15mm下げたスポーツが両グレードに用意されている“ダウンサイジング”から“ライトサイジング”へ2013年に国内導入が始まった3代目A3は、Cセグメントカーながらも上級モデル並みの上質さや装備をもち、“大きいものが偉い”という従来の価値観を覆した代表選手と言えるものだ。そして2017 年のマイナーチェンジではアダプティブクルーズコントロールなど安全装備の標準化や、A4譲りのフルデジタルの多機能ディスプレイ「バーチャルコックピット」を採用したことが主なトピックだが、実は新たな技術トレンドが盛り込まれている。キーワードは“ライトサイジング”だ。このライトはLight(軽量)ではなくRight(適切)の意味であり、やみくもに排気量を縮小するのではなく、必要なサイズをもって効率とパワーの最適化を目指すというもの  ・・・続きはこちら
(17-06-26)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索