中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  BMWアルピナ >  B6カブリオ
B6カブリオ「BMWアルピナ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2015年12月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
2135.9万円
JC08モード燃費
7.8km/L
10・15モード燃費
排気量
4394cc
最高出力
600ps
駆動方式
FR
スケール
4895mm×1895mm×1370mm
乗車定員
4名


B6カブリオのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
ビターボ 2015年12月~  2135.9万円(税込) FR フロア8AT

B6カブリオの他のモデル

2015/12~生産中モデル フルモデルチェンジマイナーチェンジ エンジン性能を向上  
2015/01~2015/11 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/04~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 エンジン出力が向上した  
2011/09~2012/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 最高出力540psを誇るアルピナチューンの6シリーズ モデル一覧→
2007/10~2010/10 フルモデルチェンジ一部改良    
2006/09~2007/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった

▲今回試乗したのは、2019年9月に登場したMAZDA2。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートするデミオからMAZDA2へと名前を変えたコンパクトマツダ デミオがMAZDA2へと改名し、アナウンスされたのは記憶に新しい。 マツダが、プレミアムブランドとしての認知度向上を熱望していることは、何となく理解できるはずだ。 統一感ある車名をもって、「世界に挑戦するMAZDA」を日本国内にもアピールしていることがよくわかる。 長い間、デミオというペットネームを携えていたが、プレミアムブランドとしてはバリューが低いという判断なのだろうか……。 初代デミオを2台乗り継いだ筆者としては、少々寂しい気がする。 MAZDA2となり、エントリーモデルながらブランドイメージの向上も担うようになった。 今回、骨格の変化はないようだが、デミオと比べどのように進化したのだろうか。 横浜みなとみらい地区を中心に試乗する機会を得たので、レポートしたい。▲デミオとMAZDA2を比較。外観デザインも若干変更されている(左:デミオ、右:MAZDA2)しっかりと路面のう  ・・・続きはこちら
(19-11-18)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索