中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  BMWアルピナ >  B8カブリオ
B8カブリオ「BMWアルピナ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
1995年08月~1998年11月
ボディタイプ
オープン
新車時価格
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
4619cc
最高出力
340ps
駆動方式
FR
スケール
4433mm×1710mm×1328mm
乗車定員


B8カブリオのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
4.6 1995年08月~1998年11月 FR フロア6MT

B8カブリオの他のモデル

1995/08~1998/11 フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

“MADE IN JAPAN”の新生トミーカイラ ZZは、玄人こそ楽しめるホットロッドだ(試乗レポート)

▲99台限定生産という大変貴重な「トミーカイラZZ」に試乗する機会を得た。EVとしてよみがえった新生ZZの実力を紐解いていきたい知る人ぞ知るあのマシンが、EVにエンスージアストならば「トミーカイラ」の名をご存じだろう。製造、チューニング、販売を一手に展開するブランドで、現在は、京都に本社を置くGLMが自動車製造事業として継承している。知る人ぞ知るチューニングカーブランドだ。今回は、そのトミーカイラの中でも2シータースポーツカーの「ZZ」が2代目となったということで試乗させてもらった。▲初代から受け継がれている、亀のエンブレム思えば今から18年前に、初代トミーカイラZZで何日間もドライブしたことがあった。当時は、英国で製造されていたミッドシップレイアウト。まるでレーシングカーのようなスポーツカーであった。アメニティーもレーシングカー並み。まさに男の車だ。エンジンは日産のプリメーラやシルビアに搭載されたSR20DEをケーヒン製のキャブレーターで架装したユニット。ノスタルジックなサウンドを奏でていた。メインフレームはアルミニウムで造られ、ボディはグラマーで軽量なFRP  ・・・続きはこちら
(17-07-28)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索