中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  BMW >  3シリーズグランツーリスモ
3シリーズグランツーリスモ「BMW」のカタログ情報!

3シリーズグランツーリスモのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
633万円~639万円
JC08モード燃費
15.4km/L
10・15モード燃費
排気量
1998cc
最高出力
184ps
駆動方式
FR
スケール
4825mm×1830mm×1510mm/他
乗車定員
5名


3シリーズグランツーリスモのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
320i ラグジュアリー 2016年10月~  633万円(税込) FR フロア8AT
320i Mスポーツ 2016年10月~  639万円(税込) FR フロア8AT

3シリーズグランツーリスモの他のモデル

2016/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/09~2016/09 フルモデルチェンジ一部改良    
2014/11~2015/08 フルモデルチェンジ一部改良    
2014/04~2014/10 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/08~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 クラス最大の荷室容量はそのままに装備、安全性が向上  
2013/06~2013/07 フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

BMW 3シリーズグランツーリスモ (藤野太一)【ニューモデル試乗】

リアシートは3分割可倒式で、フラットにすれば荷室容量は1600Lにまで拡大。まさに大型SUVなみ。後席の広さは5シリーズにも匹敵する。後席重視で家族や親孝行するもよし、趣味で荷室をフル活用するもよし。走り好きSUV&ミニバン卒業組に大きく新しくなっても不変なものがあるデザインがスタイルを“太って”見せない「長く、軽く、低く、広く見せるために、どの面をとってもダイナミックで、ねじれている」。この3シリーズGTを担当した日本人デザイナーの永島譲二氏はBMWデザインの今をそう話していた。実際にこのGTは3シリーズセダンに比べてホイールベースは110mm長く、背は70mm高い。後席は3シリーズとは思えない、足が組めるほどの広さで、荷室容量はツーリングより25Lも大きいのだから、数値上はもはやひとクラス上の、太った3シリーズを思わせる。しかし、デザインがそうは見せない。単に3シリーズをリアハッチ化した車のように思うかもしれないが、実は外板はほとんど新設計。そして3シリーズが本来もつシャープさは失われていない。ヒップポイントもやや高く、X1にも近いと聞いていたが、セダン  ・・・続きはこちら
(13-08-26)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索