中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  BMW >  5シリーズツーリング
5シリーズツーリング「BMW」のカタログ情報!

5シリーズツーリングのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
646万円~1021万円
JC08モード燃費
11.2km/L~16.6km/L
10・15モード燃費
排気量
1995cc~2979cc
最高出力
184ps~306ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
4915mm×1860mm×1490mm/他
乗車定員
5名


5シリーズツーリングのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
523i ラグジュアリー 2016年10月~  740万円(税込) FR フロア8AT
523i Mスポーツ 2016年10月~  732万円(税込) FR フロア8AT
523d ディーゼルターボ 2016年10月~  646万円(税込) FR フロア8AT
523d ラグジュアリー ディーゼルターボ 2016年10月~  763万円(税込) FR フロア8AT
523d Mスポーツ ディーゼルターボ 2016年10月~  755万円(税込) FR フロア8AT

5シリーズツーリングの他のモデル

2016/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/07~2016/09 フルモデルチェンジ一部改良 クリーンディーゼルモデルを新設定  
2014/04~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 「ドライビング・アシスト・プラス」を装備  
2013/09~2013/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装のデザインが変更され安全性も向上  
2011/10~2013/08 フルモデルチェンジ一部改良    
2010/09~2011/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ セダンの走りはそのままに、ユーティリティ性能を加味 モデル一覧→
2008/10~2010/08 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2008/01~2008/09 フルモデルチェンジ一部改良 価格を改定  
2007/06~2007/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新4WDシステムの採用  
2006/09~2007/05 フルモデルチェンジ一部改良    
2005/11~2006/08 フルモデルチェンジ一部改良 装備や仕様を向上  
2004/06~2005/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ラゲージ追加の重量増をアルミの使用でカバー モデル一覧→
2001/10~2004/05 フルモデルチェンジ一部改良 内外装のカラーを変更  
2000/11~2001/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新エンジンへスイッチ  
2000/07~2000/10 フルモデルチェンジ一部改良    
2000/01~2000/06 フルモデルチェンジ一部改良    
1998/01~1999/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1997/07~1997/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 人にも荷物にも優しい乗り心地を実現 モデル一覧→
1997/01~1997/06 フルモデルチェンジ一部改良    
1996/01~1996/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1993/09~1995/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1992/05~1993/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 使い勝手を追求したステーションワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

BMW 5シリーズツーリング【フルモデルチェンジ】

あらゆるシーンに対応する多彩な才能を備えたツーリングモデル↑ボディカラーは、写真のインペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクトを含む全12色 2010年3月にフルモデルチェンジを果たしたBMWの中核モデル、5シリーズにツーリング(ステーションワゴン)モデルが追加された。 エクステリアは、伸びやかなエンジンフード、ショートオーバーハング、ロングホイールベースなど、セダンと同様のエレガントさに加え、力強くスポーティなハッチゲートがリアエンドに与えられた。BMWの特徴の一つ、ホフマイスター・キンク(サイドウインドウがリアピラー下端で“く”の字形にキックアップするグラフィック)が施されることで、サイドビューに躍動感が演出されている。 インテリアは、約7度運転席側に向けて傾けられたセンターコンソールなど、ほぼセダンに準じた機能性とモダンさが追求されたデザインになっている。最大の魅力は、ツーリングモデルならではの多彩な収納スペース。40:20:40に3分割可能な可倒式リアシートにより、荷物に応じたラゲージスペースが実現された。テールゲート全体を開けることなく、小さな荷物の出し入れが可能な  ・・・続きはこちら
(10-09-28)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索