中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
カタログキャデラック一覧CTSFMC一覧CTS(2014~)MC一覧

CTS(2014~)のMC一覧

CTS(2014~)一覧

CTS(2019~) CTS(2019~)
生産期間 2019年10月~ 生産中モデル

消費税の変更により価格を修正

2019年10月1日以降の消費税率(10%)に基づき、価格を修正した(2019.10)

CTS(2019~2019) CTS(2019~2019)
生産期間 2019年01月~2019年09月

メンテンナスケアプログラムを標準化

新車登録日から3年間または走行距離10万kmまで、メーカー指定点検整備とメンテンスをパッケージしたプラン、キャデラックメンテナンスケアプログラムが標準化された。2回の法令12箇月点検(車検を除く)をはじめ、定期交換部品や消耗品の交換が可能となっている(2019.2)

CTS(2018~2018) CTS(2018~2018)
生産期間 2018年02月~2018年12月

装備が見直された

統合ナビゲーションをオプション設定化。冬場でも快適なドライブを可能とするオートマチックヒーテッドステアリング機能の追加など、装備が見直された。また、内外装のカラー構成が一新されている。インフォテインメントシステムのCUEは、データ処理のスピード向上が図られた(2018.2)

CTS(2017~2018) CTS(2017~2018)
生産期間 2017年05月~2018年01月

フロントデザインを一新

キャデラックの新たな方向性が踏襲され、フロントグリルが新デザインに刷新された。また、従来の3倍の視野を実現することで、ブラインドスポットを低減させる、クラス初のリアカメラミラーが導入され、安全装備も充実された。室内では、新色、コナブラウンが採用されている(2017.5)

CTS(2016~2017) CTS(2016~2017)
生産期間 2016年01月~2017年04月

最新8ATの採用とApple・CarPlayを標準装備

素早いギアチェンジに加え、オートスタートストップ機能も搭載された最新式の8速ATが搭載された。また、車内の画面でiPhoneの対応アプリを直接表示できる、Apple・CarPlayが標準装備された。Siriにより電話、音楽、メッセージなどのiPhone機能を操作することができる(2016.1)

CTS(2015~2015) CTS(2015~2015)
生産期間 2015年01月~2015年12月

CTS(2014~2014) CTS(2014~2014)
生産期間 2014年04月~2014年12月

キャデラックの伝統を大幅に進化させた

キャデラックの伝統的なデザインやラグジュアリー、テクノロジーをさらに進化させたミディアムラージキャデラックの3代目。ボディサイズは従来型より100mmも拡大している。前後重量配分を理想的な50:50にするなど、精密なハンドリングが追求されている。また、BOSE社と共同開発したアクティブノイズキャンセレーションを装備。サペリウッドやカーボンファイバーがトリムに用いられるなど、静粛性や快適性も高められている。パワートレインは、最高出力276ps/最大トルク400N・mを発生する2L 直4ターボと6ATの組み合わせとなる(2014.4)


キャデラックの車種のリンク
あ行
アランテ
エスカレード
エルドラド
か行
コンコース
さ行
セビル
た行
ドゥビル
は行
フリートウッド
フリートウッドクーペ
英数字行
ATS
ATSクーペ
CT6
CTS
CTSクーペ
CTSスポーツワゴン
DTS
SRX
SRXクロスオーバー
STS
XLR
XT5
XT5クロスオーバー
XT6
XTS

CTSのその他のフルモデルチェンジ一覧

CTS(2008~2014)

CTS(2008~2014)

MC一覧を見る
CTS(2003~2007)

CTS(2003~2007)

MC一覧を見る