中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ダイハツ >  ミラ
ミラ「ダイハツ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2014年04月~2018年03月
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
74.1万円~102.5万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
21.0km/L~24.5km/L
排気量
658cc
最高出力
58ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
3395mm×1475mm×1530mm
乗車定員
4名


ミラのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
660 X スペシャル 2014年04月~2018年03月 88.5万円(税込) FF フロア5MT
660 X スペシャル 4WD 2014年04月~2018年03月 102.5万円(税込) 4WD フロア5MT
660 TX 2014年04月~2018年03月 80.7万円(税込) FF インパネCVT
660 TX 2014年04月~2018年03月 74.1万円(税込) FF フロア5MT
660 TX 4WD 2014年04月~2018年03月 94.8万円(税込) 4WD インパネCVT

ミラの他のモデル

2014/04~2018/03 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2011/07~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 新世代エンジンにより、燃費性能が向上  
2010/04~2011/06 フルモデルチェンジ一部改良 エコカー減税/補助金適合のお買い得グレードを追加  
2008/12~2010/03 フルモデルチェンジ一部改良 グレードの見直しや内装の質感向上を実施  
2006/12~2008/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ クラスを超えた質感と機能性を追及 モデル一覧→
2005/08~2006/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装のデザインを一新しリフレッシュ  
2002/12~2005/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 次世代ベーシックを目指しすべてを一新 モデル一覧→
2001/10~2002/11 フルモデルチェンジ一部改良 装備と内装の見直しと新グレードの追加  
2000/10~2001/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と装備の充実  
1999/11~2000/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実し快適性を向上  
1998/10~1999/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ボディの大型化で安全面が向上 モデル一覧→
1997/12~1998/09 フルモデルチェンジ一部改良 様々な特別仕様車を設定  
1997/05~1997/11 フルモデルチェンジ一部改良 内外装の一新と装備を充実  
1996/05~1997/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 装備の充実と新グレードの設定  
1995/10~1996/04 フルモデルチェンジ一部改良 新エンジンと上級モデルを追加  
1994/09~1995/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ エンジンやミッションなど多彩なグレード構成 モデル一覧→
1993/09~1994/08 フルモデルチェンジ一部改良 グレード体系を見直し価格を引き下げ  
1992/08~1993/08 フルモデルチェンジ一部改良 RVテイストの新グレードを追加  
1991/11~1992/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 乗用車系を中心に内外装を変更  
1991/08~1991/10 フルモデルチェンジ一部改良 4WDをフルタイムに変更  
1991/01~1991/07 フルモデルチェンジ一部改良 モータースポーツ向けモデルを設定  
1990/03~1990/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 新軽規格化で快適性と実用性を向上 モデル一覧→
 

クルマニュース

安全性ファースト! ダイハツの新型車『ミラ トコット』

▲ダイハツから新たに軽自動車のミラ トコットが誕生した。公道試乗が行われたので、その感想をお伝えするダイハツに新型軽自動車が登場ダイハツからミライースのコンポーネントを使った新しいモデルが加わった。その名は“ミラ トコット”。 字面と聞こえる響きからも可愛らしさが想像できる。カタログで見るよりも実物を目の前にして感じるのは、プレーンで使い勝手が良く、飽きのこない軽自動車という雰囲気だ。 かつて昭和40年代初めに登場したダイハツ フェローというモデルは、塊感のある素朴なデザインであった。それを基に現代風にアレンジしてトコットにも反映させているようだ。 また、セラミックグリーンメタリックという色は、工業機械などに使う色に似ていて、最大の特徴は汚れが目立ちにくいところだ。これはダイハツ側も知らないようであったが、良くいえばそのままでもコンディションを保てる色といえよう。 内装も水平基調になっており、とにかく視認性や扱いやすさを優先しているのがわかる。立ったAピラーは空力よりも視認性を優先している。 シート生地にも汚れが目立たない素材や色を使っている。チー  ・・・続きはこちら
(18-08-10)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索