中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ホンダ >  フリード+
フリード+「ホンダ」のカタログ情報!

フリード+のカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年09月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
190万円~274.8万円
JC08モード燃費
17.6km/L~27.2km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
110ps~131ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4295mm×1695mm×1710mm/他
乗車定員
5名


フリード+のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.5 ハイブリッド B 2016年09月~  227.6万円(税込) FF インパネ7AT
1.5 ハイブリッド G 2016年09月~  239.6万円(税込) FF インパネ7AT
1.5 ハイブリッド G 4WD 2016年09月~  262.8万円(税込) 4WD インパネ7AT
1.5 ハイブリッド G ホンダセンシング 2016年09月~  251.6万円(税込) FF インパネ7AT
1.5 ハイブリッド G ホンダセンシング 4WD 2016年09月~  274.8万円(税込) 4WD インパネ7AT

フリード+の他のモデル

2016/09~生産中モデル フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか

▲現行型は登場から3年経過した2018年2月にマイナーチェンジを実施した。前後の意匠を変更するなどエクステリアの主張が強まり、より存在感と力強さが強調された▲フラッグシップセダンだけあり全幅は1890mmと、デカい。この巨体を軽々と走らせるパワーとヒラヒラとコーナーを駆け抜ける4WD技術の組み合わせがレジェンドの最大の特徴だホンダのフラッグシップサルーンといえばレジェンド▲初代レジェンドは1985年に登場した、当時のホンダとしては初の3ナンバーモデルだ▲2~3代目まではエンジンを縦置きにレイアウトしていたが、2004年に登場した4代目で横置きレイアウトに変更している。加えて独自の四輪駆動システム“SH-AWD(Super Handling All-Wheel-Drive)”を搭載。また国産車では初めて自主規制値の280psを超える300psで登場したことでも注目を浴びたモデルレジェンドはホンダのラインナップの中で、トップに配置されているフラッグシップと言えるモデルだ。そのために常に高価な最新技術が投入されてきたモデルでもある。 先  ・・・続きはこちら
(18-09-12)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索