中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ホンダ >  オデッセイ
オデッセイ「ホンダ」のカタログ情報!

オデッセイのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年02月~生産中モデル
ボディタイプ
ミニバン
新車時価格
276万円~405.6万円
JC08モード燃費
12.8km/L~26.0km/L
10・15モード燃費
排気量
1993cc~2356cc
最高出力
145ps~190ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4830mm×1820mm×1685mm/他
乗車定員
7/8名


オデッセイのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
2.0 ハイブリッド アブソルート ホンダセンシング EXパッケージ 2016年02月~  400万円(税込) FF AT
2.0 ハイブリッド アブソルート ホンダセンシング アドバンスドパッケージ 2016年02月~  405.6万円(税込) FF AT
2.0 ハイブリッド アブソルート ホンダセンシング アドバンスドパッケージ 2016年02月~  397万円(税込) FF AT
2.0 ハイブリッド アブソルート ホンダセンシング 2016年02月~  386.6万円(税込) FF AT
2.0 ハイブリッド アブソルート ホンダセンシング 2016年02月~  378万円(税込) FF AT

オデッセイの他のモデル

2016/02~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 ハイブリッドモデルを追加設定  
2015/01~2016/01 フルモデルチェンジ一部改良 安全運転支援システム「ホンダセンシング」を搭載  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ リアにスライドドアを採用した5代目 モデル一覧→
2011/10~2013/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エントリーグレードの追加および、安全性を向上  
2009/09~2011/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備見直し、および減税措置適合タイプを拡大  
2008/10~2009/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 低床・低重心による走りや快適性が熟成 モデル一覧→
2007/02~2008/09 フルモデルチェンジ一部改良 シンプルな装備のSタイプを設定  
2006/04~2007/01 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観の変更  
2005/10~2006/03 フルモデルチェンジ一部改良 グレードを見直し  
2004/12~2005/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備の見直し  
2003/10~2004/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ミニバンの常識を覆す低いスタイリング モデル一覧→
2002/10~2003/09 フルモデルチェンジ一部改良 ヘッドライトを変更  
2001/11~2002/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新グレード追加  
1999/12~2001/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ボディ剛性を強化し走りを磨いた モデル一覧→
1998/11~1999/11 フルモデルチェンジ一部改良 本革シートの設定を拡大  
1997/08~1998/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装とエンジンの変更  
1996/09~1997/07 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実を図る  
1996/01~1996/08 フルモデルチェンジ一部改良 新形状のルーフと新グレードの追加  
1994/10~1995/12 フルモデルチェンジ新車リリース ミニバンブームの火つけ役となったモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

オデッセイ ハイブリッドは、同クラスHVで一線を画すモデルだ

▲時代に先駆け「多人数乗用車の新しい価値」を創造してきたミニバン「オデッセイ」のハイブリッドモデル話題のオデッセイ ハイブリッドホンダ オデッセイに、待望のハイブリッドモデルがラインナップ。今回は、その「HYBRID」と「HYBRID ABSOLUTE」をメインに試乗してきたので、報告したい。中と外から感じる高級感5代目となり2年半が過ぎたオデッセイ。ホンダが誇る上級ミニバンだけに内装の作りは高級感を演出している。私も多くの欧州高級モデルに試乗しているが、オデッセイの仕上がりは、その価格にしたら驚くほど上手でお値打ちに感じられた。ホンダは、高級風味を作らせたら天下一品だ。もちろん、雰囲気よりも乗ってどうかということが重要だ。 まず、乗り込んだ印象だが、他社の同クラスモデルに比べて着座位置が低く乗用車感覚が強いという初代からの真骨頂は、変わらず受け継がれている。赤いPowerボタンを押してスタンバイONにすると、発進からEVモードで目立ったノイズも感じずに走り出した。EV走行時のギアのノイズはとても少ない。そこからアクセルを踏んで加速をすると、瞬時に2Lアトキンソンサ  ・・・続きはこちら
(16-03-13)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索