中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ホンダ >  シャトル
シャトル「ホンダ」のカタログ情報!

シャトルのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年09月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
170万円~263.2万円
JC08モード燃費
19.6km/L~34.4km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
110ps~132ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4400mm×1695mm×1545mm/他
乗車定員
5名


シャトルのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.5 ハイブリッド ホンダセンシング 2017年09月~  208万円(税込) FF フロア7AT
1.5 ハイブリッド ホンダセンシング 4WD 2017年09月~  227.5万円(税込) 4WD フロア7AT
1.5 ハイブリッド 2017年09月~  201万円(税込) FF フロア7AT
1.5 ハイブリッド 4WD 2017年09月~  220.4万円(税込) 4WD フロア7AT
1.5 ハイブリッド X ホンダセンシング 2017年09月~  231万円(税込) FF フロア7AT

シャトルの他のモデル

2017/09~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2016/08~2017/08 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/05~2016/07 フルモデルチェンジ新車リリース 5ナンバーサイズのコンパクトステーションワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

ホンダ シャトルの3モデルを乗り比べ。バランスが良かったのはハイブリッド Xの2WDだった

▲今回の試乗は高速とワインディング両方で行った。試乗コースとしては足回りやパワ-トレインなどの総合力が試される理想的な組み合わせだシャトルは抜群の走行安定性を備えたコンパクトワゴンだったホンダが今年5月に発売したコンパクトステーションワゴン、シャトル。広い室内空間や高い質感を持ちつつ、日本の道路事情から取り回しの良い車を欲すユーザーへ向けたモデルだ。まず上級グレードのハイブリッド Z。5ナンバーサイズのハイブリッドステーションワゴンとしては初の4WD設定に、高速道路とワインディングの両方で試乗した。4WD仕様に採用されている専用のリアサスペンションのおかげで、しっかりと路面に追従し、安定感のある走りが味わえた。剛性も高く不愉快なバイブレーションもないので、乗り心地も良い。ワゴンである上に4WDという万能さは多くのユーザーにとって魅力だろう。続いてガソリンエンジンモデル。シャトルの中ではベーシックなグレードだ。短時間の試乗ではあったが、ハイブリッドZ(4WD)より約180kg軽いとあってハンドリングは軽快。ただキビキビとした走りではあるものの、ハイブリッド車よりもエン  ・・・続きはこちら
(15-07-07)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索