中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ホンダ >  バモスホビオバン
バモスホビオバン「ホンダ」のカタログ情報!

バモスホビオバンのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2015年03月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
128万円~147.4万円
JC08モード燃費
14.8km/L~17.6km/L
10・15モード燃費
排気量
656cc
最高出力
45ps~52ps
駆動方式
MR/4WD
スケール
3395mm×1475mm×1880mm
乗車定員
4名


バモスホビオバンのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
660 プロ 2015年03月~  133.4万円(税込) MR フロア3AT
660 プロ 2015年03月~  128万円(税込) MR フロア5MT
660 プロ 4WD 2015年03月~  147.4万円(税込) 4WD フロア4AT
660 プロ 4WD 2015年03月~  141万円(税込) 4WD フロア5MT

バモスホビオバンの他のモデル

2015/03~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 燃費性能が向上している  
2014/04~2015/02 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/06~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 利便性の高い装備を追加  
2010/08~2012/05 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 装備を見直し、利便性が向上  
2007/02~2010/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 撥水、消臭機能付きシート表皮を採用  
2005/12~2007/01 フルモデルチェンジ一部改良 ボディカラーの追加と装備の充実  
2003/04~2005/11 フルモデルチェンジ新車リリース ハイルーフ仕様でラゲージスペースを拡大 モデル一覧→
 

クルマニュース

質が高い初代モデルを踏まえ進化したホンダ N-BOX(試乗レポート)

▲9月にフルモデルチェンジされ発売を開始した新型N-BOX。先日行われた試乗会での感想をお伝えする一見キープコンセプトながら高級感を増したエクステリア日本だけの規格である軽自動車の質を一気に向上させたのは間違いなくホンダ N-BOXである。 初代がデビューした2011年に、試乗した衝撃はいまだに忘れない。ドアやリアゲートの開口部が広いにも関わらず剛性が高く軽量なボディは抜群で、不快な振動も感じることのない恐るべき軽自動車であった。 市場での評価も高いものだった。完成度が高く良質な車は、やはり売れるのである。そんなN-BOXの2代目は、初代よりも求められるハードルが相当高い。初代を超える車になっていることを期待して新型N-BOXの試乗会へ向かった。 ▲ヘッドランプは高級セダンに用いるようなレンズ類を多用して軽自動車としては珍しい奥行き感もあるノンターボでも軽いボディで走りはスムーズ最初に試乗するのは「G・EX」のノンターボモデルだ。インテリアはベージュとグレージュの2色をうまく組み合わせて、まるで部屋のようにクリーンな空間と質感を生み出している。新型  ・・・続きはこちら
(17-10-10)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索