中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ジープ >  ラングラー
ラングラー「ジープ」のカタログ情報!

ラングラーのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年03月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
469.8万円~613.6万円
JC08モード燃費
9.0km/L~11.5km/L
10・15モード燃費
排気量
1995cc~3604cc
最高出力
272ps~284ps
駆動方式
4WD
スケール
4320mm×1895mm×1825mm/他
乗車定員
4/5名


ラングラーのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
スポーツ 4WD 2019年03月~  469.8万円(税込) 4WD フロア8AT
アンリミテッド スポーツ 4WD 2019年03月~  504.4万円(税込) 4WD フロア8AT
アンリミテッド サハラ 3.6L 4WD 2019年03月~  544.3万円(税込) 4WD フロア8AT
アンリミテッド サハラ 2.0L 4WD 2019年03月~  573.4万円(税込) 4WD フロア8AT
アンリミテッド ルビコン 4WD 2019年05月~  588.6万円(税込) 4WD フロア8AT

ラングラーの他のモデル

2019/03~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2018/11~2019/02 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ジープのアイコンモデル、11年ぶりにフルモデルチェンジ モデル一覧→
2015/03~2018/10 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/04~2015/02 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/01~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 新型の3.6Lエンジンを採用  
2011/02~2011/12 フルモデルチェンジ一部改良 インテリアのデザインを一新  
2007/03~2011/01 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ “ジープ”であり続ける直系モデル モデル一覧→
2006/01~2007/02 フルモデルチェンジ一部改良 4速AT車を追加発売  
2004/12~2005/12 フルモデルチェンジ一部改良 内外装のカラーリングを変更  
2003/11~2004/11 フルモデルチェンジ一部改良 スピードコントロールを標準装備  
2002/12~2003/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ ATの変更と装備を充実  
2001/11~2002/11 フルモデルチェンジ一部改良 グレードの見直しと仕様変更  
2000/11~2001/10 フルモデルチェンジ一部改良 01年モデル発売  
2000/01~2000/10 フルモデルチェンジ一部改良 仕様変更とグレードの追加  
1999/01~1999/12 フルモデルチェンジ一部改良 グレードの見直しとボディカラーの追加  
1997/11~1998/12 フルモデルチェンジ一部改良 サハラにソフトトップを追加  
1996/11~1997/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ジープの伝統に培われた正統派モデル モデル一覧→
1995/01~1996/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1993/01~1994/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1991/02~1992/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1990/01~1991/01 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 軍用車のDNAが息づくモデル  
 

クルマニュース

【試乗】新型 ジープ ラングラー ルビコン│極限の状況下でも、まるで守護神をまとっているかのような安心感を得られる

▲昨年11月にフルモデルチェンジしたジープ ラングラー。今回は新たに追加されたグレードの「ルビコン」に、自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した際の模様をレポートするこれこそまさに“本物”のオフローダーだ新型ジープ ラングラーの販売状況を見ると、日本は世界的に見ても特別に好調だという。 すべてを刷新してハイテクを導入してはいるものの、歴史ある本物の性能にこだわっているということが、日本での人気が絶えない理由のひとつだろう。特にラングラーはそれを象徴するモデルといえる。 今回は、その中でもトップレンジにあたるグレード「ルビコン」に、専用のオフロードコースと公道にて試乗する機会を得たので報告したい。 ルビコンは、ジープブランドの中でも最もタフな走破性を目指したモデルだ。 30年以上前からリアルオフローダーに愛されている、BFグッドリッチ製のマッドテレーンタイヤ(通称:マッテレ)を標準装着する。 ぬかるんだ泥濘地でも大きな岩の転がるロックセクションでも、驚くほどのグリップ力を発揮し、溝への泥詰まりを抑制するセルフクリーニング性も高い。▲こちらが装着されているマッドテ  ・・・続きはこちら
(19-08-21)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索