中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ランドローバー >  レンジローバー
レンジローバー「ランドローバー」のカタログ情報!

レンジローバーのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年12月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
1377万円~2944万円
JC08モード燃費
6.7km/L~12.4km/L
10・15モード燃費
排気量
2992cc~4999cc
最高出力
258ps~550ps
駆動方式
4WD
スケール
5005mm×1985mm×1865mm/他
乗車定員
4/5名


レンジローバーのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
ヴォーグ (ディーゼル) 4WD 2016年12月~  1420万円(税込) 4WD フロア8AT
オートバイオグラフィ (ディーゼル) 4WD 2016年12月~  1676万円(税込) 4WD フロア8AT
オートバイオグラフィ (ディーゼル) 4WD 2016年12月~  1734.8万円(税込) 4WD フロア8AT
ヴォーグ (3.0リッター/340ps) 4WD 2016年12月~  1377万円(税込) 4WD フロア8AT
ヴォーグ (3.0リッター/380ps) 4WD 2016年12月~  1490万円(税込) 4WD フロア8AT

レンジローバーの他のモデル

2016/12~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2016/07~2016/11 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/10~2016/06 フルモデルチェンジ一部改良 2016年モデルを導入  
2015/04~2015/09 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/01~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 4人乗りの最上級モデルが追加された  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/10~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 3L V6スーパーチャージャーユニットを導入  
2013/03~2013/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ オールアルミニウムボディのラグジュアリーSUV モデル一覧→
2008/01~2008/02 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定とグレードを整理  
2007/07~2007/12 フルモデルチェンジ一部改良 路面に応じて走行モードを最適に保つ、最新システムを標準装備  
2005/06~2007/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エンジンや駆動系を一新  
2004/11~2005/05 フルモデルチェンジ一部改良 カーナビやオーディオを一新  
2002/07~2004/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ これぞプレミアムSUVの原点にして頂点 モデル一覧→
2000/04~2002/06 フルモデルチェンジ一部改良 最上級グレードVogueを追加  
1999/01~2000/03 フルモデルチェンジ一部改良    
1996/10~1998/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1995/04~1996/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 王室御用達の世界第一級クロカン モデル一覧→
1994/05~1995/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 安全装備を追加しインテリアを一新  
1992/12~1994/04 フルモデルチェンジ一部改良 エアサスを採用した93年モデル発売  
1991/04~1992/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 世界的に有名な高級クロカンモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

オフロード走行への言及は不要。何よりも“カッコいい” ランドローバー レンジローバーヴェラール

▲レンジローバースポーツとイヴォークの中間に位置するプレミアムSUV。ラグジュアリーさと優れた走破性を受け継ぎつつ、“Reductionism(還元主義)”に基づいて無駄を排したデザインに仕上げているという「攻めの姿勢」がカッコいいレンジローバーを礎に、スポーツ、イヴォークときて、その間を埋める第4のモデルがヴェラールだ。何がすごいって、とにかくカッコがいい。信号待ちで通りかかった人に穴が空くほど見つめられたのは久しぶりの経験だった。デザイン画をそのままを再現したかのようなフロントからリアまでまっすぐにのびたショルダーライン、クーペのような薄いグラスエリアはピラーをブラックアウトすることでルーフを際立たせ、ドアハンドルは同門のジャガー Fタイプよろしくフラットに格納される。インテリアもすごい。水平基調でシンプルながらも、10インチのタッチスクリーンを上下に2つ配することで、複数の機能を同時に表示し操作可能にしている。オプションながらスマートフォンやウォッチと連動して、遠隔地からエンジン始動やドアの開閉も可能にするなど、最新のデバイスも満載だ。ドライ  ・・・続きはこちら
(18-04-05)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索