中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ロータス >  3-イレブン
3-イレブン「ロータス」のカタログ情報!

3-イレブンのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年01月~生産中モデル
ボディタイプ
その他
新車時価格
1495.8万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
3456cc
最高出力
416ps
駆動方式
MR
スケール
4120mm×1855mm×1201mm
乗車定員
2名


3-イレブンのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
ロードバージョン 2017年01月~  1495.8万円(税込) MR フロア6MT

3-イレブンの他のモデル

2017/01~生産中モデル フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

ロータス エヴォーラ400は走りと真剣に向き合えるクルマだ

▲一応はリアシートもあるし、実用性は低くはない。とはいえ、そのステアリングを握ったら間違いなく誰だって、目の前のコーナーをいかに攻略するかに夢中になってしまうはず。それはもうワガママな1台であることは間違いない立派になっても“まさしくロータス”個人的には久しぶりの対面となったロータス エヴォーラ。最新のエヴォーラ400は今風のエアロトリムをまとい、従来より56psアップ、車名の通り400psを超える最高出力406psのV型6気筒3.5Lスーパーチャージド・ユニットを積む。正直、内外装はずいぶん立派になり、そのぶん他と比べて極端に軽いわけでもなくパワーアップで速さを稼ぐロータスなんて、どうなの? という思いもあったのだが、いざワインディングロードを走らせてみたら唸らされた。その走りはまさしくロータス。しかも進化した形が、そこに具現化されていたからだ。まず何より好印象だったのがシャシーで、普通にステアリングを切るだけでも十分よく曲がるのだが、それならと攻めればさらにグイグイと曲がり出して、気分をより一層鼓舞してくる。コーナーに車体を放り込むように飛び込んでいくぐらい  ・・・続きはこちら
(16-03-09)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索