中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  マツダ >  ランティスクーペ
ランティスクーペ「マツダ」のカタログ情報!

ランティスクーペのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
1996年07月~1997年12月
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
166.8万円~216.3万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
10.0km/L~12.6km/L
排気量
1839cc~1995cc
最高出力
135ps~170ps
駆動方式
FF
スケール
4245mm×1695mm×1355mm
乗車定員
5名


ランティスクーペのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.8 タイプG 1996年07月~1997年12月 166.8万円 FF フロア5MT
1.8 タイプG 1996年07月~1997年12月 175.6万円 FF フロア4AT
2.0 タイプR 1996年07月~1997年12月 207.5万円 FF フロア5MT
2.0 タイプR 1996年07月~1997年12月 216.3万円 FF フロア4AT

ランティスクーペの他のモデル

1996/07~1997/12 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実し安全性を向上  
1993/08~1996/06 フルモデルチェンジ新車リリース スポーティな雰囲気満点の4ドアクーペ モデル一覧→
 

クルマニュース

今までのマツダ車とは一線を画す! CX-8は名実ともにフラッグシップモデルであること間違いなし

▲2017年12月に発売となった、マツダの国内フラッグシップモデルであるCX-8。受注状況はすこぶる良好だという。今回は公道で試乗する機会を得たので、インプレッションをお伝えするマツダの現行モデルの中で最もスタイリングが良い伸びやかなボディとプラットフォームが特徴的なマツダ CX-8。その恩恵として各部を最適な場所へ配置することができた。結果、マツダのラインナップで最もスタイリングが良いのでは、と感じた。横置きエンジンらしい短めのフロントビューとAピラーからリアにかけてのバランスが良い。スポーティでありながら、ラグジュアリーで落ち着いた雰囲気である。基本的には現行アテンザやフォードのミッドサイズSUVのプラットフォームと同様であるが、材質や製造過程を見直すことで驚くほど性能が良くなっている。インテリアも落ち着いた質感で、ユーザーの満足度を高くしている。 今回は4WDと2WDのモデルに試乗することができた。それぞれのインプレッションをお届けする。▲CX-8はマツダの現行モデルの中では、最もスタイリッシュであると言っても良いはずだ4WDモデルと2WDモデルの差■  ・・・続きはこちら
(18-01-18)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索