中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  マツダ >  ロードスター
ロードスター「マツダ」のカタログ情報!

ロードスターのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年07月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
255.4万円~325.6万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
132ps
駆動方式
FR
スケール
3915mm×1735mm×1235mm
乗車定員
2名


ロードスターのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.5 S 2018年07月~  255.4万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S スペシャルパッケージ 2018年07月~  275.9万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S スペシャルパッケージ 2018年07月~  287.3万円(税込) FR フロア6AT
1.5 S レザーパッケージ 2018年07月~  309.4万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S レザーパッケージ 2018年07月~  320.8万円(税込) FR フロア6AT

ロードスターの他のモデル

2018/07~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2017/12~2018/06 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/05~2017/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目 モデル一覧→
2014/04~2015/04 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/12~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 レカロ社製シートを単独オプションに変更  
2012/07~2013/11 フルモデルチェンジ一部改良 アグレッシブなエクステリアを獲得  
2008/12~2012/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ グレード体系の見直しや走り、内外装の熟成を実施  
2006/08~2008/11 フルモデルチェンジ一部改良 電動メタルトップ車を追加  
2005/08~2006/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ボディは大きくなっても人馬一体は健在 モデル一覧→
2003/09~2005/07 フルモデルチェンジ一部改良 内外装のデザインを一新  
2002/07~2003/08 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実と安全性を向上  
2000/07~2002/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エンジンのパワーアップ&内外装を変更  
1998/01~2000/06 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ コンパクトFRというコンセプトは変わらず モデル一覧→
1996/12~1997/12 フルモデルチェンジ一部改良 特別限定車2モデルを追加  
1995/08~1996/11 フルモデルチェンジ一部改良 仕様変更を行い走行性能を向上  
1994/12~1995/07 フルモデルチェンジ一部改良 特別限定車を追加設定  
1993/08~1994/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 排気量をアップし走行性能を向上  
1993/02~1993/07 フルモデルチェンジ一部改良 オーディオをアップグレード  
1992/08~1993/01 フルモデルチェンジ一部改良 安全性の向上とグレードを追加  
1991/07~1992/07 フルモデルチェンジ一部改良 サスペンションなどを小変更  
1989/09~1991/06 フルモデルチェンジ新車リリース 世界中を歓喜させた2シーターオープン モデル一覧→
 

クルマニュース

ロードスターRF(プロトタイプ)は、見た目は変わらずも中身は全く違う車になった!

▲商品改良された新型マツダ ロードスターRF。発表前に行われた試乗会で、既存モデルと新型モデル(プロトタイプ)に乗ることができたので、その違いについてお届けしたい活発タイプのソフトトップに対して既存のRFは落ち着いた大人なキャラクターロードスター RFは大人が乗るライトウエイトスポーツカーにふさわしい。乗り心地と静粛性が高くハンドリングも落ち着きがあり、好みなモデルだ。 2Lユニットは特にスペシャルなエンジンではないが、ブロックの剛性の高さや扱いやすさによるコンフォートな感じがソフトトップモデルとは一味違う大人な雰囲気を演出している。▲クローズドコースに準備されたRFは、既存モデルとプロトタイプの2種類。見た目の違いは全くわからない既存のATモデルはオープンエアや流れる景色を楽しむのに最適まずはATの既存モデルから試乗する。 スポーツカーらしい攻めたくなるようなフィールではなく、山間部で流れる景色やオープンエアを楽しむにはちょうど良いといったセッティングで、2Lエンジンのトルクがちょうど良く扱いやすい。 ただ、最適なギアポジションが定まりにくく、コーナーの入口  ・・・続きはこちら
(18-06-16)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索