中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  マツダ >  ロードスター
ロードスター「マツダ」のカタログ情報!

ロードスターのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2015年05月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
249.5万円~319.7万円
JC08モード燃費
17.2km/L~18.6km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
131ps
駆動方式
FR
スケール
3915mm×1735mm×1235mm
乗車定員
2名


ロードスターのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.5 S 2015年05月~  249.5万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S スペシャルパッケージ 2015年05月~  270万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S スペシャルパッケージ 2015年05月~  280.8万円(税込) FR フロア6AT
1.5 S レザーパッケージ 2015年05月~  303.5万円(税込) FR フロア6MT
1.5 S レザーパッケージ 2015年05月~  314.3万円(税込) FR フロア6AT

ロードスターの他のモデル

2015/05~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目 モデル一覧→
2014/04~2015/04 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/12~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 レカロ社製シートを単独オプションに変更  
2012/07~2013/11 フルモデルチェンジ一部改良 アグレッシブなエクステリアを獲得  
2008/12~2012/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ グレード体系の見直しや走り、内外装の熟成を実施  
2006/08~2008/11 フルモデルチェンジ一部改良 電動メタルトップ車を追加  
2005/08~2006/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ ボディは大きくなっても人馬一体は健在 モデル一覧→
2003/09~2005/07 フルモデルチェンジ一部改良 内外装のデザインを一新  
2002/07~2003/08 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実と安全性を向上  
2000/07~2002/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エンジンのパワーアップ&内外装を変更  
1998/01~2000/06 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ コンパクトFRというコンセプトは変わらず モデル一覧→
1996/12~1997/12 フルモデルチェンジ一部改良 特別限定車2モデルを追加  
1995/08~1996/11 フルモデルチェンジ一部改良 仕様変更を行い走行性能を向上  
1994/12~1995/07 フルモデルチェンジ一部改良 特別限定車を追加設定  
1993/08~1994/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 排気量をアップし走行性能を向上  
1993/02~1993/07 フルモデルチェンジ一部改良 オーディオをアップグレード  
1992/08~1993/01 フルモデルチェンジ一部改良 安全性の向上とグレードを追加  
1991/07~1992/07 フルモデルチェンジ一部改良 サスペンションなどを小変更  
1989/09~1991/06 フルモデルチェンジ新車リリース 世界中を歓喜させた2シーターオープン モデル一覧→
 

クルマニュース

デート用ではなく走りと向き合うオープン、メルセデスAMG GT C ロードスター(海外試乗レポート)

▲AMGオリジナルスポーツモデルGTのオープン版がロードスター。476ps/630N・mのベーシックモデルと557ps/680N・mのCをラインナップする1人でアクセルを踏み続けるのが似合う車ロードスターの登場と同時に、メルセデスAMG GTのラインナップには従来のGT SとGT Rの間に位置するGT Cが加わった。V型8気筒4Lツインターボエンジンは大型ターボチャージャーなどを使ったGT R用がベースで、最高出力は557psを誇る。それに合わせてシャシーもトレッド拡大、後輪操舵機能の追加などが行われている。 それにしてもリアビューは鮮烈だ。ソフトトップルーフを持つスタイリングはクーペよりすっきりまとまっており、しかも全幅はメルセデスAMG GT Rと同様に57mmワイドになっているから、迫力は凄まじいものがある。 走りの印象も見た目にたがわない。ボディは剛性感高く、サスペンションもハード。操舵に対して間髪入れずに反応する切れ味の良さが光る。エンジンについては、一般道では全開にする機会にほとんど恵まれなかったのだが、定評のある全域フラットなトルク、凄まじい勢いの吹け上がり  ・・・続きはこちら
(17-07-11)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索