中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  メルセデス・ベンツ >  Cクラスワゴン
Cクラスワゴン「メルセデス・ベンツ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年07月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
473万円~641万円
JC08モード燃費
13.6km/L~18.9km/L
10・15モード燃費
排気量
1497cc~1950cc
最高出力
156ps~194ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
4705mm×1810mm×1455mm/他
乗車定員
5名


Cクラスワゴンのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
C180 2018年07月~  473万円(税込) FR コラム9AT
C180 アバンギャルド 2018年07月~  513万円(税込) FR コラム9AT
C180 アバンギャルド AMGライン 2018年07月~  547.6万円(税込) FR コラム9AT
C200 アバンギャルド 2018年07月~  576万円(税込) FR コラム9AT
C200 アバンギャルド AMGライン 2018年07月~  613万円(税込) FR コラム9AT

Cクラスワゴンの他のモデル

2018/07~生産中モデル フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2017/07~2018/06 フルモデルチェンジ一部改良    
2017/02~2017/06 フルモデルチェンジ一部改良    
2016/06~2017/01 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/04~2016/05 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/10~2015/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ Dセグメントを代表するステーションワゴン モデル一覧→
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/08~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 EASY-PACK自動開閉テールゲートを全車に採用  
2012/07~2013/07 フルモデルチェンジ一部改良 C180ブルーエフィシェンシーにアバンギャルド仕様を追加  
2011/10~2012/06 フルモデルチェンジ一部改良 エントリーモデルC180ブルーエフィシェンシーを追加  
2011/05~2011/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 2000カ所以上が変更されたビッグマイナーチェンジを実施  
2010/08~2011/04 フルモデルチェンジ一部改良 LEDドライビングライトの追加と、エントリーモデルを新設定  
2009/08~2010/07 フルモデルチェンジ一部改良 独自の環境技術「BlueEFFICIENCY」対応グレードを導入  
2008/10~2009/07 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2008/07~2008/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備やオプションをさらに充実  
2008/04~2008/06 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ よりスポーティに生まれ変わったコンパクトワゴンの3代目 モデル一覧→
2007/01~2008/03 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/03~2006/12 フルモデルチェンジ一部改良 C180コンプレッサーをアバンギャルド仕様に  
2005/08~2006/02 フルモデルチェンジ一部改良 V6エンジンを変更  
2004/06~2005/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新グレードを追加  
2003/11~2004/05 フルモデルチェンジ一部改良 04年モデル発売  
2002/08~2003/10 フルモデルチェンジ一部改良 新型の直4エンジンを搭載  
2002/01~2002/07 フルモデルチェンジ一部改良 02年モデル発売  
2001/06~2001/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ コンパクトサイズながら使い勝手は抜群 モデル一覧→
1999/10~2001/05 フルモデルチェンジ一部改良    
1997/08~1999/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1996/11~1997/07 フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d

▲Sクラスに新たに加わった「400d」。搭載される新型直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を試してきたディーゼルエンジンで作る贅沢品とはアッパークラスの4ドアサルーンを作るにあたって、全世界の全自動車メーカーがベンチマークとして挙げるのが、メルセデスベンツのSクラスだ。そのくらい、ドライバーズカーからショーファーカーまで、理想的でバランスのとれたサルーンなのだ。今回試乗したSクラスは、その中でも新開発の直列6気筒のクリーンディーゼルユニットが目玉。直列6気筒の良さはなんといっても静粛性だ。V型6気筒に比べ、振動を打ち消し合いやすいのだ。かのBMWが、様々なレギュレーションの変化にもめげずに、素性の良い直列6気筒を作り続けていることは皆さんご存じであろう。内燃機関の王者メルセデスも、直列6気筒を「S450」から投入したが、試乗車の「S400d」はこのガソリン6気筒の基本設計を共通化し、素材を変えて作ったエンジンだ。実は、Sクラスには、ほんの少し前まで「300h」というモデルがあった。私が最後にコレに乗ったのが2年ほど前。2.15Lの4気筒ディーゼルターボエンジン  ・・・続きはこちら
(18-12-09)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索