中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  メルセデス・ベンツ >  Eクラスワゴン
Eクラスワゴン「メルセデス・ベンツ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年11月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
712万円~1050万円
JC08モード燃費
11.1km/L~21.0km/L
10・15モード燃費
排気量
1949cc~3497cc
最高出力
184ps~333ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
4940mm×1850mm×1465mm/他
乗車定員
5名


Eクラスワゴンのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
E200 アバンギャルド 2016年11月~  712万円(税込) FR コラム9AT
E200 4マチック アバンギャルド 4WD 2016年11月~  735万円(税込) 4WD コラム9AT
E220d アバンギャルド ディーゼルターボ 2016年11月~  735万円(税込) FR コラム9AT
E200 アバンギャルド スポーツ 2016年11月~  764万円(税込) FR コラム9AT
E200 アバンギャルド スポーツ(本革仕様) 2016年11月~  809万円(税込) FR コラム9AT

Eクラスワゴンの他のモデル

2016/11~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
2015/04~2016/10 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/04~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/05~2014/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エクステリアを大幅変更  
2011/11~2013/04 フルモデルチェンジ一部改良 パワートレインを大幅に刷新  
2011/04~2011/10 フルモデルチェンジ一部改良 1.8L車のトランスミッションを7速ATに変更  
2010/08~2011/03 フルモデルチェンジ一部改良 仕様・装備の充実化が図られた  
2010/02~2010/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ セダン、クーペに続くEクラスのステーションワゴン モデル一覧→
2008/08~2010/01 フルモデルチェンジ一部改良 グレードによる装備内容を変更  
2007/01~2008/07 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/08~2006/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外装の変更とエンジンの変更  
2005/08~2006/07 フルモデルチェンジ一部改良 新エンジンの搭載と装備の充実  
2004/10~2005/01 フルモデルチェンジ一部改良 装備や仕様を一部変更  
2003/08~2004/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 広大なラゲージをもつエレガントなワゴン モデル一覧→
2002/01~2003/07 フルモデルチェンジ一部改良    
2000/08~2001/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1999/10~2000/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1998/08~1999/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1997/08~1998/07 フルモデルチェンジ一部改良    
1996/11~1997/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
1996/01~1996/10 フルモデルチェンジ一部改良    
1995/01~1995/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1994/07~1994/12 フルモデルチェンジ一部改良    
1993/09~1994/06 フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

ある意味で“最終型”と言えるかもしれないメルセデス・ベンツ GLS(試乗レポート)

▲3L V6ディーゼルターボを搭載するGLS350d 4マチックとスポーツ、4.7L V8ツインターボのGLS550 4マチック スポーツ、ハイパフォーマンスバージョンのメルセデスAMG GLS63 4マチック(写真)をラインナップするある意味で最終の、最高峰SUVメルセデスSUVの最高峰「GLクラス」のフェイスリフトモデルが、GLSだ。GLCやGLEといった一連の新世代デザインをまといグッとモダンになった。フラッグシップだけに全長5150mm、全幅1980mmとサイズはそれなりだが、運転席やドアミラー越しに見えるボディはスクエアで見切りが良く、大きさを感じさせない。 SUVとしては珍しく3列シートを備えるが、2 列目シートに備わる操作スイッチ一つで自動で折りたたまれるため、3列目へのアクセスもしやすい。また3列目シートもスイッチ一つで折りたたみ&引き起こしが可能と、シートアレンジの容易さには驚いた。さらに前席のドリンクホルダーには保温保冷機能が備わっているなど、日本車も顔負けの装備充実ぶり。もちろんACCをはじめとするレーダーセーフティパッケージもこの大柄な体躯であって  ・・・続きはこちら
(17-01-17)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索