中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  メルセデス・ベンツ >  SLクラス
SLクラス「メルセデス・ベンツ」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年06月~生産中モデル
ボディタイプ
オープン
新車時価格
1265万円~1698万円
JC08モード燃費
9.5km/L~11.6km/L
10・15モード燃費
排気量
2996cc~4663cc
最高出力
367ps~455ps
駆動方式
FR
スケール
4640mm×1875mm×1305mm
乗車定員
2名


SLクラスのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
SL400 2016年06月~  1265万円(税込) FR コラム9AT
SL400 2016年06月~  1265万円(税込) FR コラム9AT
SL550 2016年06月~  1698万円(税込) FR コラム9AT

SLクラスの他のモデル

2016/06~生産中モデル フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2015/09~2016/05 フルモデルチェンジ一部改良 3.5L車は装備が充実、4.7L車はエンジン出力が向上  
2015/04~2015/08 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/08~2015/03 フルモデルチェンジ一部改良 マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフが標準装備  
2014/04~2014/07 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/08~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 AMGスポーツパッケージを標準装備  
2012/03~2013/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 環境性能も兼ね備えた流麗なロードスター モデル一覧→
2011/08~2012/02 フルモデルチェンジ一部改良 ライナップの見直しが図られた  
2009/09~2011/07 フルモデルチェンジ一部改良    
2008/10~2009/08 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2008/05~2008/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ フロントデザインを変更し、よりダイナミックな外観に  
2008/01~2008/04 フルモデルチェンジ一部改良 ユーロ高により価格を改定  
2006/11~2007/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ フロントデザインを一新し、グレードも変更  
2005/01~2006/10 フルモデルチェンジ一部改良 05年モデル発売  
2003/11~2004/12 フルモデルチェンジ一部改良 世界初の電子制御7速ATを設定  
2002/11~2003/10 フルモデルチェンジ一部改良 03年モデル発売  
2001/10~2002/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 歴史と伝統をもつ最上級ロードスター モデル一覧→
2000/01~2001/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1998/08~1999/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1997/08~1998/07 フルモデルチェンジ一部改良    
1996/08~1997/07 フルモデルチェンジ一部改良    
1995/10~1996/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
1993/10~1995/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1991/08~1993/09 フルモデルチェンジ一部改良    
1990/08~1991/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
 

クルマニュース

メルセデス・ベンツ SLクラスは快適性とスポーツ性を両立させた1台だ

▲買うならSL550。最もSLクラスらしい。でも、コイツに乗ってしまうと、他のスポーツカーなんて、ちゃんちゃらおかしくて買えなくなってしまうおそれアリ。もうスポーツカーは全部試しちゃったしお腹いっぱい、けど、たまにはスポーツカーに乗りたいから、という境地に達してから買う今も昔も、ある意味“あがり”の1台この価格帯のラグジュアリースポーツカーといえば、ポルシェ 911とメルセデス・ベンツ SLクラスの独壇場、というのは昔の話で、いまはライバルも増え、SLクラスといえども苦戦を強いられるケースが多くなったのだそう。 それは分かる。ボクの周りでもSLに乗っている連中って、もう昔からほぼ自動的に新型SLがヤナセから届けられるというような人ばかり。雑誌もネットも見ない、新しいものに興味がない、という御仁で、そういう人たちは今でも大いに満足しているようだ。 で、その満足の理由はというと、やっぱり快適性とスポーツ性の見事な両立にあるのだと思う。むやみやたらに刺激を求めず、かといって、過剰なコンフォートも追いかけない。いずれもギリギリほどほど最上レベルというバランスの取り方こそ、老舗の車  ・・・続きはこちら
(16-04-28)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索