中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
カタログミニ一覧ミニコンバーチブルFMC一覧ミニコンバーチブル(2009~2016)MC一覧

ミニコンバーチブル(2009~2016)のMC一覧

ミニコンバーチブル(2009~2016)一覧

ミニコンバーチブル(2014~2016) ミニコンバーチブル(2014~2016)
生産期間 2014年04月~2016年02月

消費税の変更により価格を修正

2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)

ミニコンバーチブル(2012~2014) ミニコンバーチブル(2012~2014)
生産期間 2012年10月~2014年03月

ハイパフォーマンスモデルにAT車を設定

MTのみだったミニのハイパフォーマンスサブブランド「ジョンクーパーワークス」に6速AT搭載モデルがラインナップ。また、エンジンに可変バルブタイミングの「バルブトロニック」と直噴技術が採用され、力強さと環境性能が両立されている(2012.10)

ミニコンバーチブル(2010~2012) ミニコンバーチブル(2010~2012)
生産期間 2010年10月~2012年09月

細部のデザインを見直し、質感を向上

フロントバンパーやサイドスカットルなどの外装デザイン、操作スイッチなどの内装色が変更され、質感の向上が図られた。リアコンビランプ内にはLEDライトが用いられている。またクーパーには、ホワイト・ターンシグナル・ライトが採用された。(2010.10)

ミニコンバーチブル(2010~2010) ミニコンバーチブル(2010~2010)
生産期間 2010年04月~2010年09月

ブレーキエネルギー回生システムを全車に採用

減速時に生じる運動エネルギーを電力に変換する、ブレーキエネルギー回生システムを全車に採用。またMT車にはエンジン・スタートストップ機能が追加され、最大で約33%、燃費性能が向上している。これにより、MTを搭載するクーパー、クーパーSはエコカー減税50%適合になった。(2010.5)

ミニコンバーチブル(2009~2010) ミニコンバーチブル(2009~2010)
生産期間 2009年04月~2010年03月

新エンジンの採用でパワーと燃費を両立しつつラゲージ容量も拡大

ベースであるミニに遅れること1年。コンバーチブルも2代目へと進化を遂げた。内外装のデザインこそキープコンセプトとなるが、新開発されたエンジンが採用され、クーパーには120ps/16.3kg-mを発揮するバルブトロニック機構付き1.6L 直4DOHCが、クーパーSにはツインスクロールターボを備え、175ps/24.5kg-mとよりパワフルな1.6L 直4DOHCターボが搭載される。組み合わされるミッションは、両モデルとも6速のATとMTで、燃費性能も先代より最大40%改善されている。また、サイドウインドウの大型化や格納式アクティブロールオーバーバーの採用などで後方視界の向上を図り、ラゲージ容量も拡充された。(2009.4)


ミニの車種のリンク
ミニ
ミニクラブマン
ミニクロスオーバー
ミニクーペ
ミニコンバーチブル
ミニペースマン
ミニロードスター

ミニコンバーチブルのその他のフルモデルチェンジ一覧

ミニコンバーチブル(2016~)

ミニコンバーチブル(2016~)

MC一覧を見る
ミニコンバーチブル(2004~2009)

ミニコンバーチブル(2004~2009)

MC一覧を見る