中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  三菱 >  ミニキャブミーブ
ミニキャブミーブ「三菱」のカタログ情報!

ミニキャブミーブのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年01月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
176.9万円~215万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
41ps
駆動方式
MR
スケール
3395mm×1475mm×1915mm
乗車定員
2/4名


ミニキャブミーブのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 2017年01月~  176.9万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 2シーター ハイルーフ 2017年01月~  212.9万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 4シーター ハイルーフ 2017年01月~  215万円(税込) MR AT

ミニキャブミーブの他のモデル

2017/01~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/07~2016/12 フルモデルチェンジ一部改良 急速充電機能を標準採用  
2014/10~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備が充実した  
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 シートヒーターの範囲が拡大  
2011/12~2013/10 フルモデルチェンジ新車リリース 三菱の新世代電気自動車第2弾は軽商用車 モデル一覧→
 

クルマニュース

【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!

▲先日北海道で行われたD:5の雪上試乗の模様をレポートするデリカD:5の進化はピカイチ! 苛酷な雪上コースを走破できるのか?最近試乗したマイナーチェンジモデルで「最も内容的に進化を遂げた車は?」と問われれば、迷わず三菱 デリカD:5と答える。 しかし、それは以前試乗したクローズドコースとわずかなオーフロードの評価にすぎない。クローズドコース試乗記『大幅改良された新型デリカD:5に試乗。マイナーチェンジの域を超えた進化に驚いた!』はこちら本当は一般道で試したいところだが、それよりもはるかに苛酷な雪上のシチュエーションで試乗する機会を得たのでご報告したい。 雪が相当積もった雪上オフロードコースは、ヒルクライムとタイトなコーナーが連続するコース。 そして、最後に時速70km/hは出る中速コーナーを抜け、スラロームを試すといったレイアウトだ。乗った瞬間にわかる静粛性と、ミニバン離れした走破性の高さ新型D:5に乗り込みエンジンをかける。ただでさえ静粛性の高い車内だが、雪の中だと余計に静かに感じる。 走行モードは『2WD』『4WD』『LOCK』の中から選択  ・・・続きはこちら
(19-03-18)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索