中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  三菱 >  ミニキャブミーブ
ミニキャブミーブ「三菱」のカタログ情報!

ミニキャブミーブのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年01月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
176.9万円~215万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
41ps
駆動方式
MR
スケール
3395mm×1475mm×1915mm
乗車定員
2/4名


ミニキャブミーブのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 2017年01月~  176.9万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 2シーター ハイルーフ 2017年01月~  212.9万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 4シーター ハイルーフ 2017年01月~  215万円(税込) MR AT

ミニキャブミーブの他のモデル

2017/01~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/07~2016/12 フルモデルチェンジ一部改良 急速充電機能を標準採用  
2014/10~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備が充実した  
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 シートヒーターの範囲が拡大  
2011/12~2013/10 フルモデルチェンジ新車リリース 三菱の新世代電気自動車第2弾は軽商用車 モデル一覧→
 

クルマニュース

三菱 eKカスタムは乗り心地の良さが格段にアップした

▲サスペンションの変更はないというが、改良前とは全く違う印象を受ける三菱 eKカスタム力強い雰囲気をもつフロントと、ノイズの少ない乗り心地の良さが特徴の1台日産自動車と共同で開発を行って完成した三菱 eKカスタム/ワゴンが大幅に改良された。特にフロント部分のデザインは大きく変わり、eKカスタムは軽自動車としてはコストの高い良質な樹脂を使用して質感を向上させた。確かにこれから試乗するekカスタムを目の前にすると、ボディはそのままでありながらフロントの顔つきが深みを増して雰囲気的に相当変わった。普通車顔負けの迫力である。 フロント部分以外のエクステリアに目を向けると、サイドのプレスラインはドアの立て付けに合わせたデザインになっている。またインテリアの左右、センターのクラスターのはめ込みは軽自動車の中でもトップクラスの質感である。発売以来3回見てきたが根気よく細かく調整されている。エンジニアの苦労は人一倍であっただろう。 では試乗に入ろう。今回試乗するのは新しくアイドリングストップ機能が追加されたeKカスタムのターボモデルだ。エンジンのかかりは早い。アイドリングストップ時も、再度  ・・・続きはこちら
(16-02-03)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索