中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  三菱 >  ミニキャブミーブ
ミニキャブミーブ「三菱」のカタログ情報!

ミニキャブミーブのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年01月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
176.9万円~215万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
41ps
駆動方式
MR
スケール
3395mm×1475mm×1915mm
乗車定員
2/4名


ミニキャブミーブのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 2017年01月~  176.9万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 2シーター ハイルーフ 2017年01月~  212.9万円(税込) MR AT
CD 16.0kWh 4シーター ハイルーフ 2017年01月~  215万円(税込) MR AT

ミニキャブミーブの他のモデル

2017/01~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/07~2016/12 フルモデルチェンジ一部改良 急速充電機能を標準採用  
2014/10~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備が充実した  
2014/04~2014/09 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 シートヒーターの範囲が拡大  
2011/12~2013/10 フルモデルチェンジ新車リリース 三菱の新世代電気自動車第2弾は軽商用車 モデル一覧→
 

クルマニュース

新型エクリプス クロスのAWDが凄い! 三菱はクーペSUVにも本気だ

▲12月某日、三菱の新型クーペSUV「エクリプス クロス」の試乗会が開催された。国内向けには「プロトタイプ」ではあるが、先行して欧州で販売されていることもあり、今後、市販されるモデルと大きな差異はないだろう。インプレッションをお伝えする限られたコースでも十分に実感できる「三菱の本気」ハッチバックをリフトアップしたような「クーペ」デザインのSUVは、世界的に市場規模を拡大させている。人気は“うなぎ上り”状態。セダンがメインマーケットであったアメリカですら、今後はクーペタイプのSUVに移行していくのではないかと予想されるほどの勢いだ。国産クーペSUVの販売も、世界的に上々である。このような背景の昨今、4WDで実績のある三菱も黙って見ているわけがない。三菱には、他社にない素晴らしいプラットフォームがある。4WDでは、ランサーエボリューション、アウトランダー、デリカD:5と使われ、レギュレーションに合わせて成長してきた良質な骨格だ。このたび誕生したニューモデル「エクリプス クロス」も、このプラットフォームを使ったモデルである。▲こちらが、2018年3月に発売を予定している新  ・・・続きはこちら
(17-12-28)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索