中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  日産 >  リーフ
リーフ「日産」のカタログ情報!

リーフのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年01月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
324.3万円~472.9万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
150ps~218ps
駆動方式
FF
スケール
4480mm×1790mm×1540mm/他
乗車定員
5名


リーフのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
S 2019年01月~  324.3万円(税込) FF AT
X 2019年01月~  366.1万円(税込) FF AT
G 2019年01月~  399.9万円(税込) FF AT
e+ X 2019年01月~  472.9万円(税込) FF AT
e+ G 2019年01月~  416.2万円(税込) FF AT

リーフの他のモデル

2019/01~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2017/10~2018/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
2015/12~2017/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 大容量バッテリー搭載モデルを追加設定  
2015/03~2015/11 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2014/03~2015/02 フルモデルチェンジ一部改良    
2013/04~2014/02 フルモデルチェンジ一部改良 価格が改定され、より身近に  
2012/11~2013/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 装備が充実し燃費性能が向上  
2010/12~2012/10 フルモデルチェンジ新車リリース ゼロ・エミッションの電気自動車 モデル一覧→
 

クルマニュース

日産リーフ「e+(イープラス)」誕生! 航続距離延長“以外”の良さは?

▲電気自動車、日産 リーフにバッテリー容量55%アップの新しい選択肢が誕生。長く走れる以外に恩恵はあるのか?日産 リーフe+(イープラス)発表より一足先に、日産リーフ e+(イープラス)を試乗した。場所はサーキットだ。e+の最大のセールスポイントは、走行距離が延びたこと。従来リーフの400㎞から570㎞(JC08モード)になり、より長距離においても充電を気にせずドライブを楽しめるようになった。しかし今回の試乗は、長距離走行を試せるシチュエーションではなかったため、車両価格「+50万円」の価値をそれ以外の点で判断せねばならない。私は正直、プラットフォームを刷新せず、外側半分だけ変えたe+は“新型”と呼びたくない。人間でいう「アキレス腱」は、車の場合「骨格」にあると思っている。この部分に手を入れず走行距離だけ延ばしても、400万円超えモデルの裾野を広げるには、少々甘いと思う。車として、きちんとした特別な性能を作り出さなくてはプレゼンスはないのだ。……と、ついリーフには辛口になってしまう。試乗は、2名乗車。コースは、袖ヶ浦フォレストレースウェイを3周して戻る設定だ。独特の丸く可愛  ・・・続きはこちら
(19-02-03)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索