中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  日産 >  プリメーラハッチバック
プリメーラハッチバック「日産」のカタログ情報!

プリメーラハッチバックのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
1997年09月~1998年12月
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
237.7万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
10.8km/L
排気量
1998cc
最高出力
150ps
駆動方式
FF
スケール
4430mm×1695mm×1415mm
乗車定員
5名


プリメーラハッチバックのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
2.0 GT 1997年09月~1998年12月 237.7万円 FF フロア4AT

プリメーラハッチバックの他のモデル

1997/09~1998/12 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備の充実  
1997/02~1997/08 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ セダンとの違いはごくわずかなハッチバック モデル一覧→
1995/01~1995/08 フルモデルチェンジ一部改良 エアバッグの標準化とグレードの追加  
1994/02~1994/12 フルモデルチェンジ一部改良 仕様と内外装を変更  
1991/10~1994/01 フルモデルチェンジ新車リリース イギリス生まれのハッチバックモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

新時代到来! EVのホットハッチ『日産 リーフNISMO』登場

▲モータースポーツで培われたエッセンスを導入したEV(電気自動車)“リーフNISMO”が登場した。標準車のリーフも空力特性が非常に良好なボディであるが、リーフNISMOはさらに安定感を持たせるべく、ボディの上から下へ押さえつけるダウンフォースを高めた専用エアロパーツをまとっているのが特徴だ専用エアロによる空力特性で走りを変えた!?(左)リーフNISMOと(右)リーフ標準車を並べるとエアロパーツによるエクステリアの造形の違いがわかるフロントバンパーは、空気を抵抗なくサイドに流しやすくした。またラヘッドライト下の形状までも、ダウンフォースが発生しやすい形に変更し安定性を向上しているという。 空気が乱れにくいような形状に設計された専用ホイールの装着によって、フロントからサイドに流した空気は、きれいにリアへと流す。加えて、ボディ下部で巻き込んだ空気が乱れ浮力を生まないよう、ロッカーパネルに装着したエアロパーツでリアバンパーへと流す。 リアバンパーの左右の形状を見るとオリジナルではラウンドしているのに対して空気をサイドにきれいに流すべくスパッと切ったような形状になっている  ・・・続きはこちら
(18-08-09)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索