中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  日産 >  セレナ
セレナ「日産」のカタログ情報!

セレナのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年03月~生産中モデル
ボディタイプ
ミニバン
新車時価格
231.7万円~382.1万円
JC08モード燃費
15.0km/L~26.2km/L
10・15モード燃費
排気量
1198cc~1997cc
最高出力
84ps~150ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4690mm×1695mm×1865mm/他
乗車定員
6/7/8名


セレナのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.2 e-POWER X 2018年03月~  296.9万円(税込) FF AT
1.2 e-POWER XV 2018年03月~  312.9万円(税込) FF AT
1.2 e-POWER ハイウェイスター 2018年03月~  317.8万円(税込) FF AT
1.2 e-POWER ハイウェイスター V 2018年03月~  340.4万円(税込) FF AT
2.0 B 2018年03月~  231.7万円(税込) FF インパネCVT

セレナの他のモデル

2018/03~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2017/05~2018/02 フルモデルチェンジ一部改良    
2016/08~2017/04 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ   モデル一覧→
2015/11~2016/07 フルモデルチェンジ一部改良 自動ブレーキを全グレードに標準採用  
2015/07~2015/10 フルモデルチェンジ一部改良 人気の装備がオプション設定された  
2014/04~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/12~2014/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エクステリアを変更  
2012/08~2013/11 フルモデルチェンジ一部改良 低価格のS-HYBRIDシステム搭載車を投入  
2010/11~2012/07 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 長所はそのままに、エコ性能の向上が図られた モデル一覧→
2008/12~2010/10 フルモデルチェンジ一部改良 メーカーオプションに地デジ対応HDDナビが設定  
2007/12~2008/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装のデザインを変更と快適装備も充実  
2006/12~2007/11 フルモデルチェンジ一部改良 ナビとオートクロージャーのセットオプションを設定  
2005/12~2006/11 フルモデルチェンジ一部改良 ヘッドライトの変更と環境性能の向上  
2005/05~2005/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 使い方に合わせて多彩なシートアレンジが可能 モデル一覧→
2004/04~2005/04 フルモデルチェンジ一部改良 環境性能の向上を図る  
2003/10~2004/03 フルモデルチェンジ一部改良 安全、快適装備を充実  
2001/12~2003/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更とディーゼルエンジンの廃止  
2000/06~2001/11 フルモデルチェンジ一部改良 ハイルーフモデルを追加  
1999/06~2000/05 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 駆動方式を変えて機能性が向上 モデル一覧→
1998/01~1999/05 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備の充実と外観の変更  
1997/01~1997/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と装備の充実  
1995/08~1996/12 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実とディーゼルの環境性能を向上  
1994/05~1995/07 フルモデルチェンジ新車リリース 早くからフロントノーズをもつ5ナンバーミニバン モデル一覧→
 

クルマニュース

“e-POWERを積んだだけ”ではない。各所が見直され明らかに良くなったセレナ e-POWER

▲ついに発売開始となったセレナ e-POWERを一般道、高速道路で試乗。サーキットで行われた事前試乗会では分からなかった部分をメインに紹介したいe-POWER×ミニバン、普段使いではどんな良さが?クローズドコース(サーキット)での試乗から1ヵ月が経過し、公道試乗が可能となったセレナ e-POWER。普段使いがメインになるミニバンこそ、一般道でのパフォーマンスが気になるところだ。クローズドコース時の試乗記「日産 セレナe-POWERは間違いなく新感覚ミニバンだ」はこちら公道試乗で一番に確認したいのは燃費性能だが、今回は1時間程度しか時間がなかったため、静粛性および快適性をメインにチェックしてきた。一般道では、加減速の操作がルーティンではないため、扱いやすさはサーキットと変わってくる。今回の試乗コースは、日産本社がある横浜周辺の一般道と高速道路。まずは一般道でのパフォーマンスについて感想を述べたい。発進時から静粛性はとても良い。これは前回の印象と変わらない。しかし段差を乗り越えた瞬間、既存のセレナと明らかに違う部分が理解できた。路面からの衝撃が緩和されている。つまり、  ・・・続きはこちら
(18-03-30)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索