中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  日産 >  シルビアコンバーチブル
シルビアコンバーチブル「日産」のカタログ情報!

シルビアコンバーチブルのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
1988年07月~1990年12月
ボディタイプ
オープン
新車時価格
369万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
1809cc
最高出力
175ps
駆動方式
FR
スケール
4470mm×1690mm×1290mm
乗車定員
4名


シルビアコンバーチブルのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.8 1988年07月~1990年12月 369万円 FR フロア4AT

シルビアコンバーチブルの他のモデル

1988/07~1990/12 フルモデルチェンジ新車リリース ほぼ手作りで改造されたオープンカー モデル一覧→
 

クルマニュース

日産 セレナe-POWERは間違いなく新感覚ミニバンだ

▲昨年より耳にしていたセレナへの「e-POWER搭載」の噂が現実となり、ようやく試乗する機会が与えられたベースとなるセレナのガソリンモデルは良く言えば「日産らしさ」があるミニバン今回試乗は、発表前ということでサーキットでの試乗となった。サーキットだけに、路面状態は公道よりも良いという前提で、現行型のベースとなるガソリンモデルと比較した印象をお伝えしたい。 現行型のガソリンモデルの印象は、お世辞にも手放しで絶賛するモデルとまではいかない。 使用しているプラットフォームは基本的に先々代から同一のものであるため、バージョンアップはしているが、進化には一定の限度があるモデルという側面があるのだ。 そのせいか、燃費を良くするためにサスペンションセッティングは硬めで、乗り心地をやや犠牲にしている印象があった。 また、燃費を考えてのセッティングなのか、直進安定性のスタビリティも高いとは言えなかった。さらに、全負荷時のエンジン音もやや気になるといった印象を受けたのが事実だ。 一方、コーナリング時の不安はないセッティングが特徴とも言える。このあたりに限界性能にこだわる、日産“ら  ・・・続きはこちら
(18-03-10)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索