中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  日産 >  スカイラインクロスオーバー
スカイラインクロスオーバー「日産」のカタログ情報!

スカイラインクロスオーバーのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2014年07月~2016年06月
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
447.1万円~546.5万円
JC08モード燃費
8.8km/L~9.2km/L
10・15モード燃費
排気量
3696cc
最高出力
330ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
4635mm×1800mm×1600mm/他
乗車定員
5名


スカイラインクロスオーバーのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
3.7 370GT タイプP 2014年07月~2016年06月 518.4万円(税込) FR フロア7AT
3.7 370GT 2014年07月~2016年06月 447.1万円(税込) FR フロア7AT
3.7 370GT FOUR タイプP 4WD 2014年07月~2016年06月 546.5万円(税込) 4WD フロア7AT
3.7 370GT FOUR 4WD 2014年07月~2016年06月 475.2万円(税込) 4WD フロア7AT

スカイラインクロスオーバーの他のモデル

2014/07~2016/06 フルモデルチェンジ一部改良 全車にサンルーフとルーフレールを標準採用  
2014/04~2014/06 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/10~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備が充実  
2009/07~2012/09 フルモデルチェンジ新車リリース スカイラインの名前を冠したSUV モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手

▲冬の北海道にて日産の現行型モデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする雪が少ないからこそ、コンディションが悪い雪上を思いっきり走る機会は、そうそうあることではない。 今年1月に、日産が冬の北海道にて雪上試乗会を開催した。例年に比べると北海道でさえも積雪量が少ないという。 しかし、特設コースをはじめ様々なシチュエーションで、日産の各モデルに試乗し、その性能を確認することができた。フルブレーキ&スラロームテストの様子はこちら 定常円旋回テストの様子はこちら 雪上特設コースでのテストの様子はこちら今回は一般道でのテストだ。広い国道に積もった雪は、道路脇に寄せられているため、路面にはほとんど雪が残っていない。 しかし、国道から逸れて入った道には、まだまだ雪が残っており、凍っていたりシャーベット状になっている部分も含め、路面状況がランダムに入れ替わる。 このコンディションは、単純な圧雪路よりもタチが悪い。 いつも以上に神経を集中し、ステアリング、アクセル、ブレーキのコントロールをする必要がある。 ノートe-POWER、セレ  ・・・続きはこちら
(20-03-30)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索