中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  プジョー >  508SW
508SW「プジョー」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2015年02月~2018年12月
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
397.8万円~464万円
JC08モード燃費
13.6km/L~18.0km/L
10・15モード燃費
排気量
1598cc~1997cc
最高出力
165ps~180ps
駆動方式
FF
スケール
4830mm×1855mm×1505mm
乗車定員
5名


508SWのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
アリュール 2015年02月~2018年12月 397.8万円(税込) FF フロア6AT
グリフ 2015年02月~2018年12月 462.1万円(税込) FF フロア6AT
GT ブルーHDi ディーゼルターボ 2016年07月~2018年12月 464万円(税込) FF フロア6AT

508SWの他のモデル

2015/02~2018/12 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2015/01~2015/01 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 新たなフロントデザインが採用された  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/07~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2011/07~2013/06 フルモデルチェンジ新車リリース 日本におけるプジョーのフラッグシップワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型プジョー 508|デザインが革新的に変化! 鋭い加速が魅力的な1台

▲季節外れの雪に見舞われた御殿場で新型508を試乗。その模様をお届けする細かな部分の作りこみもしっかり行う508に好印象これまで、プジョーのセダンは紳士的な装いが主であった。しかし昨年、ジュネーブモーターショーでデビューを果たした新型508は違う。 ウインドウまわりはサッシュレスでスッキリと。近年に登場したプジョーのモデルでは、どれよりも高品質だ。大型化したリアゲートによってデザインもファストバックとなった。リアゲート開口部は、普段は見えない裏側までキレイに作り込まれており、本気さを感じる。 フロントのデザインも含め、プジョーの歴史的に見ても大胆で革新的なデザインである。▲特に左右ヘッドライトのLEDの車幅灯が特徴的。牙のように下方に伸びているパワートレインのラインナップは、1.6Lガソリンターボモデルと2.0Lターボディーゼルの2種類。それぞれ試乗したので、感想をお伝えしたい。全体的に申し分ない仕上がりのガソリンモデルまずはガソリンモデル。シートに座ってすぐ目につくのがステアリングホイールだ。小径であるが、扱いやすい独自のシステムを導入し、未来感があふ  ・・・続きはこちら
(19-04-29)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索