中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ルノー >  ラグナワゴン
ラグナワゴン「ルノー」のカタログ情報!

ラグナワゴンのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2003年01月~2006年10月
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
315万円~375万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
1998cc~2946cc
最高出力
135ps~207ps
駆動方式
FF
スケール
4695mm×1790mm×1485mm
乗車定員
5名


ラグナワゴンのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
2.0 2003年01月~2006年10月 315万円 FF フロア4AT
V6 2003年01月~2006年10月 375万円 FF フロア5AT

ラグナワゴンの他のモデル

2003/01~2006/10 フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

走り好きのお父さんがこれまでで最も満足できるルノー カングー ゼン EDC(試乗レポート)

▲導入以来、国内のルノー車販売の半数を占める人気モデル。6MTと4ATに加え、新たにデュアルクラッチトランスミッション(EDC6速)搭載モデルが追加設定されたEDC6速化で史上最も家族円満なカングールノー・ジャポンの基幹モデル!? カングーがついにルーテシア同様、EDC6速でツインクラッチ2ペダル化された。 見た目は変わらず、車重1450kgと軽くはない数値に油断したか、峠の上りでもグイグイ攻め上がれることに、まずもって驚いた。荷室グルマである性質上、ローギアリング気味であることを差し引いても。聞けば今回のEDC6速仕様は日本のために開発されたそうで、直4の1.2LターボTCeは最大トルク発生域を250rpmほど下げ、190Nm/1750rpmに。まさか1.2Lとは思えないほどパワートレイン自体が元気よく、MTモードにせずともDレンジ入れっぱなしで踏み込めば、十分にいける。 かといってフロアMTモードにするともっと速いか? といえば、それも違う。R.S.のようなキレ味系の変速プログラムというより、むしろ滑らかさに重点が置かれているようだ。高回転まで引っ張ってシフトアップす  ・・・続きはこちら
(17-01-12)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索