中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スバル >  フォレスター
フォレスター「スバル」のカタログ情報!

フォレスターのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年04月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
241.9万円~312.9万円
JC08モード燃費
13.2km/L~16.0km/L
10・15モード燃費
排気量
1995cc~1998cc
最高出力
148ps~280ps
駆動方式
4WD
スケール
4610mm×1795mm×1715mm/他
乗車定員
5名


フォレスターのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
2.0i アイサイト 4WD 2017年04月~  241.9万円(税込) 4WD フロアCVT
2.0i-L 4WD 2017年04月~  258.1万円(税込) 4WD フロア6MT
2.0i-L アイサイト 4WD 2017年04月~  268.9万円(税込) 4WD フロアCVT
2.0 エックスブレイク 4WD 2017年04月~  275.4万円(税込) 4WD フロアCVT
2.0 エックスブレイク カラーアクセント仕様 4WD 2017年04月~  275.4万円(税込) 4WD フロアCVT

フォレスターの他のモデル

2017/04~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2015/11~2017/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を一新し、安全装備も拡充  
2014/11~2015/10 フルモデルチェンジ一部改良 内外装の仕様が変更された  
2014/04~2014/10 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/10~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 オプション装備が充実  
2012/11~2013/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 走行・安全・環境性能を高めたミドルサイズSUV モデル一覧→
2010/10~2012/10 フルモデルチェンジ一部改良 2LのNA車に新世代ボクサーエンジンを搭載  
2009/01~2010/09 フルモデルチェンジ一部改良 安全性の向上を図るとともに新グレード追加  
2007/12~2008/12 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 走りを進化させたクロスオーバーSUVの3代目 モデル一覧→
2007/01~2007/11 フルモデルチェンジ一部改良 装備の変更で質感が向上した  
2005/12~2006/12 フルモデルチェンジ一部改良 一部の仕様を変更  
2005/01~2005/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を変更  
2004/02~2004/12 フルモデルチェンジ一部改良 STiバージョンを追加  
2003/02~2004/01 フルモデルチェンジ一部改良 装備を変更  
2002/02~2003/01 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 新開発のパワーユニットを搭載 モデル一覧→
2000/12~2002/01 フルモデルチェンジ一部改良 機能の変更と新グレードの追加  
2000/01~2000/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装を変更  
1998/09~1999/12 フルモデルチェンジ一部改良 装備を一部変更  
1997/02~1998/08 フルモデルチェンジ新車リリース ワゴンに悪路走行性能をプラスしたSUV モデル一覧→
 

クルマニュース

スバル フォレスターは落ち着いた乗り心地でクルージングに良好な1台だ

▲ステアリングギヤ比の調整やバネとダンパーの最適化により安定感のある走りとなったスバル フォレスターステアリングギヤ比の変更とバネの最適化により安定感ある落ち着いた仕上がりに発売以来3年が経過したフォレスターは各部リファインされ、今回が初めての公道試乗会となった。テストコースでは静粛性の向上とサスペンション系が成熟した印象であったが、果たして公道ではいかがだろうか。高速周回路のテストコースと公道との最も大きな違いは路面状況である。周回路で良好でも一般道になると全くイメージが変わってしまうことも多々ある。 今回試乗したのはX-BREAKモデルというホイールやステッチにこだわりを持ったモデルだ。試乗会の会場は車を渡されると私道のグラベルを走り抜けてターマックの公道へと変わる道だ。私道を鋭く加速してみる。足元はスリップひとつすることなく完璧なトラクションだ。片輪が滑ってトルクステアーも考えられるが、そんな心配はなく極めて安定感がある。 結論から先に言うと、スポーティなSUVであった前モデルに比べてゆったりと高速を走りたい車になった印象を受けた。なぜならば機敏な動きよりも落ち着いた  ・・・続きはこちら
(15-12-28)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索