中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スバル >  インプレッサスポーツ
インプレッサスポーツ「スバル」のカタログ情報!

インプレッサスポーツのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年11月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
200.2万円~270.6万円
JC08モード燃費
15.8km/L~17.2km/L
10・15モード燃費
排気量
1599cc~1995cc
最高出力
115ps~154ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4475mm×1775mm×1480mm
乗車定員
5名


インプレッサスポーツのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.6 i-L アイサイト 2019年11月~  200.2万円(税込) FF フロアCVT
1.6 i-L アイサイト 4WD 2019年11月~  222.2万円(税込) 4WD フロアCVT
1.6 i-S アイサイト 2019年11月~  224.4万円(税込) FF フロアCVT
1.6 i-S アイサイト 4WD 2019年11月~  246.4万円(税込) 4WD フロアCVT
2.0 i-L アイサイト 2019年11月~  224.4万円(税込) FF フロアCVT

インプレッサスポーツの他のモデル

2019/11~生産中モデル フルモデルチェンジマイナーチェンジ アイサイトツーリングアシストを全車に標準装備  
2019/10~2019/10 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/11~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 オートビークルホールド機能を採用  
2017/10~2018/10 フルモデルチェンジ一部改良 アイサイトをはじめとする安全機能を強化  
2016/10~2017/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ スバルの新デザインフィロソフィーを採用した5代目 モデル一覧→
2015/10~2016/09 フルモデルチェンジ一部改良 1.6Lモデルにアイサイト(ver.3)を設定  
2014/11~2015/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ アイサイト(ver.3)が搭載され予防安全性能が向上  
2014/04~2014/10 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/11~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 静粛性、質感、快適性が向上  
2011/12~2013/10 フルモデルチェンジ新車リリース 既存の車格感にとらわれない価値を追求 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ

▲2019年11月にビッグマイナーチェンジしたスバル インプレッサスポーツ。試乗会に参加した自動車テクノロジーライター・松本英雄氏が、その様子をレポートする誕生時点から素晴らしいモデルだった5代目にあたる現行型インプレッサは、2016年に登場した。 今でも、新たなアーキテクチャーによってつくられたスバルグローバルプラットフォーム(SGP)の出来栄えを思い出す。登場当初から、とにかく素晴らしかった。当時、「このプラットフォームは剛性が高くバネレートを下げずに乗り心地が良くなる。スタビライザーに大きく頼ることなくロールも抑えられる」と、スバルの藤貫氏は大きく誇ることなく説明していた。氏は車両研究実験第一部部長で、レガシーなどのプラットフォームに磨きをかけた人物だ。あれから3年が経過。A型から始まった改良型はD型まで成長した。今回は、その最新のD型を採用したインプレッサの試乗だ。インプレッサには1.6Lモデルと2.0Lモデルがあるが、今回の試乗は2.0Lモデルのみ。1.6Lモデルも試してみたかった。良くも悪くも変わらない乗り心地  ・・・続きはこちら
(20-01-02)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索