中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スズキ >  アルト
アルト「スズキ」のカタログ情報!

アルトのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2014年12月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
69.7万円~161.8万円
JC08モード燃費
22.0km/L~37.0km/L
10・15モード燃費
排気量
658cc
最高出力
49ps~64ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
3395mm×1475mm×1475mm/他
乗車定員
4名


アルトのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
660 F 2014年12月~  84.8万円(税込) FF フロア5MT
660 F オートギヤシフト 2014年12月~  84.8万円(税込) FF インパネ5AT
660 F レーダーブレーキサポート装着車 オートギヤシフト 2014年12月~  86.9万円(税込) FF インパネ5AT
660 F 4WD 2014年12月~  95.4万円(税込) 4WD フロア5MT
660 F オートギヤシフト 4WD 2014年12月~  95.4万円(税込) 4WD インパネ5AT

アルトの他のモデル

2014/12~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 軽量化シャシーが採用され、高い燃費性能を実現 モデル一覧→
2014/04~2014/11 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/12~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良    
2013/03~2013/11 フルモデルチェンジ一部改良    
2012/06~2013/02 フルモデルチェンジ一部改良 各部の意匠が変更された  
2009/12~2012/05 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 優れた環境性能と経済性を実現 モデル一覧→
2006/12~2009/11 フルモデルチェンジ一部改良 一部グレードでフロントデザインを小変更  
2004/09~2006/11 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ コストパフォーマーからの脱却したモデル モデル一覧→
2002/12~2004/08 フルモデルチェンジ一部改良 FFモデルに5MTを設定  
2002/04~2002/11 フルモデルチェンジ一部改良 室内の装備を充実化  
2000/12~2002/03 フルモデルチェンジ一部改良 日常での使い勝手を向上  
1999/10~2000/11 フルモデルチェンジ一部改良 安全性能を強化  
1998/10~1999/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 低コストを徹底追求したモデル モデル一覧→
1997/04~1998/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観を変更と装備の充実  
1994/11~1997/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 低価格路線をキープする庶民派モデル モデル一覧→
1994/04~1994/10 フルモデルチェンジ一部改良 安全性能を向上  
1993/10~1994/03 フルモデルチェンジ一部改良 仕様を変更  
1992/10~1993/09 フルモデルチェンジ一部改良 新グレードを追加設定  
1991/09~1992/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 機能装備を充実  
1991/01~1991/08 フルモデルチェンジ一部改良 10psのパワーアップを実現  
1990/02~1990/12 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エンジン排気量が拡大  
1989/10~1990/01 フルモデルチェンジ一部改良 一部グレードの装備変更  
1988/09~1989/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 室内の広さが魅力の軽ハッチバック モデル一覧→
 

クルマニュース

スズキ アルトワークスは力強いトルクとショートストロークシフトで、最高に走りが楽しめる1台だ

▲パワーユニットやトランスミッションにこだわったアルトワークス。車を操る楽しさを味わえる走る楽しさを追求したアルトワークス8代目となったスズキ アルトが、軽量かつ高剛性のボディを携えて登場したことは記憶に新しい。デザインもボーイズらしいキリッとしたプロポーションになった。その3ヵ月後にはターボエンジンを搭載したターボRSを追加。ターボRSはマニュアルトランスミッションをベースに作られた2ペダルのAMTのみの設定であったが、ポテンシャルの高さ故にさらに自由に操ることが可能なMTの要望があるのは当たり前であった。そこで段階を踏んで登場したのがアルトワークスだ。力強い加速や安定感が際立つ試乗会はワインディングと高速の両方が試せる御殿場である。まずは高速での試乗だ。ワークスは、わずか670Kgの軽量のボディに、リッターカーをしのぐトルクを発生するターボとMTが組み合わされている。発進は極めてスムーズで、神経質な部分は皆無だ。しかしそれよりも素晴らしいのは、剛性感の高いショートストロークシフトだ。腕を腰のあたりのいいポジションにつけたまま小気味よくシフト操作ができる。これだけで  ・・・続きはこちら
(16-03-18)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索