中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スズキ >  バレーノ
バレーノ「スズキ」のカタログ情報!

バレーノのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
157.3万円~176万円
JC08モード燃費
19.6km/L~24.6km/L
10・15モード燃費
排気量
996cc~1242cc
最高出力
91ps~102ps
駆動方式
FF
スケール
3995mm×1745mm×1470mm
乗車定員
5名


バレーノのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.0 XT 2019年10月~  176万円(税込) FF フロア6AT
1.2 XS 2019年10月~  157.3万円(税込) FF フロアCVT

バレーノの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/05~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 ターボエンジン搭載車をレギュラーガソリン仕様に変更  
2016/03~2018/04 フルモデルチェンジ新車リリース 理想のコンパクトハッチバック像を追求した意欲作 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽

▲2020年1月に新型スズキ ハスラーに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする(写真/尾形和美)売れに売れている先代をいかに改良してきたのか初代ハスラーは、今までにありそうでなかった新たな発想で作られたミニバン風のSUVである。 カテゴリーではクロスオーバーSUVとなっているようだ。 2014年に販売されて、当初はなかなかユーザに届かなかったほど人気であった。 かといって、現在でも人気は衰えているわけではない。 そんな先代デビューから、6年目のフルモデルチェンジだ。▲バーミリオンオレンジ ガンメタリック2トーン(写真/阿部昌也)基本的にはキープコンセプトの様式だが、細かくみるとコストをかけて質感や品質のアップを図っていることがわかる。 先代のプラットフォームをベースに、今まで採用していなかった接着剤や減衰が高いシーラーを採用し剛性や質感を向上させたという。 外観は全体的に角を丸くすることによって、挙動が安定するロバスト方向によっている。 これにより、ユーザー  ・・・続きはこちら
(20-02-17)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索