中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スズキ >  バレーノ
バレーノ「スズキ」のカタログ情報!

バレーノのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年05月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
154.4万円~172.8万円
JC08モード燃費
19.6km/L~24.6km/L
10・15モード燃費
排気量
996cc~1242cc
最高出力
91ps~102ps
駆動方式
FF
スケール
3995mm×1745mm×1470mm
乗車定員
5名


バレーノのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
1.0 XT 2018年05月~  172.8万円(税込) FF フロア6AT
1.2 XS 2018年05月~  154.4万円(税込) FF フロアCVT

バレーノの他のモデル

2018/05~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2016/03~2018/04 フルモデルチェンジ新車リリース 理想のコンパクトハッチバック像を追求した意欲作 モデル一覧→
 

クルマニュース

スズキの新ジャンル「クロスオーバーワゴン」のクロスビーは力強い加速と安定性の高いボディが魅力だ

▲スズキから小型ワゴンとSUVがドッキングした新ジャンル「クロスオーバーワゴン」のクロスビー。公道で試乗する機会を得たのでその模様をレポートする予想以上にボリューム感のあるボディを、マイルドハイブリッドエンジンが力強く引っ張る見た感じは思った以上に売れている同社のハスラーに似た印象だが、クロスビーは完全な普通乗用車のサイズである。写真ではどのくらいの大きさなのかよく分からなかったが、実物を見るとボディの重厚感が驚くほどある。クロスビーのパワーユニットは1L 3気筒DOHC直噴ターボ+マイルドハイブリッドのみとなる。トランスミッションは6速ATのみで、駆動方式は2WDとフルタイム4WDのモデルがある。▲運転席に座って見わたすと室内がとても広い。スイッチやモニター類が集約されるセンタークラスターまわりの作りも凝っている。スズキはイグニスが発売された時期からデザインが一気に華やかな印象となった200km/hまで刻まれているスピードメーターと、大型マルチインフォメーションディスプレーは、走行モードによってグラフィックが変わるのだが、ロードムービーっぽい図柄でワイルドな感じ  ・・・続きはこちら
(18-02-24)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索