中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  スズキ >  エスクード
エスクード「スズキ」のカタログ情報!

エスクードのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2015年10月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
212.8万円~258.7万円
JC08モード燃費
9.6km/L~18.2km/L
10・15モード燃費
排気量
1371cc~2393cc
最高出力
117ps~166ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4175mm×1775mm×1610mm/他
乗車定員
5名


エスクードのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.6 2015年10月~2017年07月 212.8万円(税込) FF フロア6AT
1.6 4WD 2015年10月~  234.4万円(税込) 4WD フロア6AT
2.4 XG 4WD 2015年10月~2017年07月 218.2万円(税込) 4WD フロア5MT
2.4 XG 4WD 2015年10月~2017年07月 229万円(税込) 4WD フロア4AT
2.4 ランドブリーズ 4WD 2015年10月~2017年07月 242.2万円(税込) 4WD フロア4AT

エスクードの他のモデル

2015/10~生産中モデル フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 時代のニーズに応えるべく誕生したコンパクトSUV モデル一覧→
2014/08~2015/09 フルモデルチェンジ一部改良 横滑り防止機構のESPが標準装備された  
2014/04~2014/07 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/07~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 都会的な外観デザインが目指された  
2008/06~2012/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ パワーと静粛性を向上させた新エンジンを搭載  
2005/05~2008/05 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ オン、オフともに走行性能を昇華 モデル一覧→
2003/06~2005/04 フルモデルチェンジ一部改良 2.5L車の廃止と新装備装着車を設定  
2002/11~2003/05 フルモデルチェンジ一部改良 内装のデザインと機能性を一新  
2000/04~2002/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観の一新と安全性を向上  
1997/11~2000/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 北米市場を意識しボディを大型化 モデル一覧→
1996/10~1997/10 フルモデルチェンジマイナーチェンジ エンジンのラインナップを一新  
1996/02~1996/09 フルモデルチェンジ一部改良 V6エンジンをパワーアップ  
1995/06~1996/01 フルモデルチェンジ一部改良 V6車の装備を変更  
1994/12~1995/05 フルモデルチェンジ一部改良 2種類の新エンジンを追加  
1993/10~1994/11 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更  
1992/10~1993/09 フルモデルチェンジ一部改良 スキーシーズン用の特別仕様車が登場  
1991/08~1992/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備を充実  
1990/08~1991/07 フルモデルチェンジ一部改良 1.6Lエンジンをパワーアップ  
1988/05~1990/07 フルモデルチェンジ新車リリース 多彩なルーフ形状をもつ元祖SUV モデル一覧→
 

クルマニュース

デビュー時とは別物! 新グレード「1.4ターボ」にスズキ エスクードの成熟を見た

▲スズキが、幅広いユーザーの期待や時代のニーズに応えるべく改良を重ねてきたコンパクトSUV「エスクード」。今回は、7月に新しく追加された1.4L 直噴ターボエンジン搭載モデルに試乗したスズキらしい成熟を遂げたモデルスズキは、継続的にイノベーションを起こしてきた大衆車メーカーだと思っている。それは、コンパクトSUV「エスクード」の進化からも色濃く見てとれる。世代が変わるたびに、先を見据えた軽量化を現実に示してきたからだ。同じボディでも、改良のたびに全く違う車に変化するのである。初代から試乗してきた私には、より実感がある。今回試乗したのは、4代目にあたる現行型に追加された新グレード。「1.4Lターボ+4WD」と、ハイパフォーマンスをほうふつとさせるスペックだ。まずは、モノコックボディで400㎏強の軽量化(※4WD仕様)を実現した現行モデルが、2年間でどこまで成熟し改善されたのかが楽しみである。▲フロントフェイス。このグレードはグリルが5スロットタイプのデザインになっているエクステリアは、飽きのこないシャープで落ち着いたデザインが特徴的だ。英国車の模範的なプレミアムカ  ・・・続きはこちら
(17-12-08)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索