中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  C-HR
C-HR「トヨタ」のカタログ情報!

C-HRのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2016年12月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
251.6万円~290.5万円
JC08モード燃費
15.4km/L~30.2km/L
10・15モード燃費
排気量
1196cc~1797cc
最高出力
98ps~116ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4360mm×1795mm×1550mm/他
乗車定員
5名


C-HRのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
ハイブリッド 1.8 G 2016年12月~  290.5万円(税込) FF フロアCVT
ハイブリッド 1.8 S 2016年12月~  264.6万円(税込) FF フロアCVT
1.2 G-T 4WD 2016年12月~  277.6万円(税込) 4WD フロアCVT
1.2 S-T 4WD 2016年12月~  251.6万円(税込) 4WD フロアCVT

C-HRの他のモデル

2016/12~生産中モデル フルモデルチェンジ新車リリース   モデル一覧→
 

クルマニュース

TOYOTA、新型車C-HRを発売 -デザインと走りに徹底的にこだわった「TNGA第2号車」を投入-

TOYOTAは、新型車C-HR*1を開発し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、12月14日に発売した。なお、C-HRは、2017年1月2日・3日に開催される「第93回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」の運営車両として使用される予定である。 C-HRは、「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA*2の第2号車として投入した。TNGA第1号車のプリウス*3とプラットフォームを共通にしながらも、世界の様々な道での走行テスト・欧州の一般道路でのステアリングやショックアブソーバーのチューニングなど、運動性能にこだわってC-HRならではの「味付け」を実施。「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」*4を突き詰めることで、コンセプトである「我が意の走り」を追求している。2016年5月には、クルマと人を鍛えるTOYOTA GAZOO Racingの活動を通じ、ドイツで開催された第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、完走を果たしている。▲Gグレード ▲TOYOTA C-HR Racin  ・・・続きはこちら
(16-12-14)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索