中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  センチュリー
センチュリー「トヨタ」のカタログ情報!

センチュリーのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2014年04月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
1253.8万円
JC08モード燃費
7.6km/L
10・15モード燃費
排気量
4996cc
最高出力
280ps
駆動方式
FR
スケール
5270mm×1890mm×1475mm
乗車定員
5名


センチュリーのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
5.0 2014年04月~  1253.8万円(税込) FR フロア6AT
5.0 2014年04月~  1253.8万円(税込) FR コラム6AT

センチュリーの他のモデル

2014/04~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/05~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 より装備が充実した  
2010/08~2013/04 フルモデルチェンジ一部改良 装備を見直し、利便性が向上  
2008/01~2010/07 フルモデルチェンジ一部改良 ディスチャージランプを標準装備  
2006/01~2007/12 フルモデルチェンジ一部改良 安全機能を充実  
2005/01~2005/12 フルモデルチェンジ一部改良 安全性を大幅に向上  
2001/05~2004/12 フルモデルチェンジ一部改良 快適装備を装着  
2000/04~2001/04 フルモデルチェンジ一部改良 VSCを標準装備  
1997/04~2000/03 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 匠の技と先進技術を融合させたショーファードリブン モデル一覧→
1994/12~1997/03 フルモデルチェンジ一部改良 機能性を向上  
1992/12~1994/11 フルモデルチェンジ一部改良 内外装の変更と安全性の向上  
1990/09~1992/11 フルモデルチェンジ一部改良 ロングボディの追加と機能性の向上  
1989/05~1990/08 フルモデルチェンジ一部改良 ATの誤作動防止装置など機能性を向上  
 

クルマニュース

トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた!

▲トヨタが「ハイラックス」を13年ぶりに日本市場へ導入。9月12日から発売を開始したピックアップトラックが国内市場に復活!トヨタ ハイラックスといえば、世界に名の知れたピックアップトラック。テールゲートに書かれた“TOYOTA”の文字を、海外の映像で目にすることも多い。ピックアップトラックの中ではコンパクトで信頼性も高く、世界各地で多くのオーナーに愛用されてきたモデルだが、日本では、2004年の6代目を最後に導入が打ち切られていた。そのハイラックスが、13年ぶりに日本に導入されたのだ。13年の間に、7代目モデルは海外で11年間活躍。そして今回、8代目モデルが、生産国をタイに移し日本へ輸入されることとなったのである。日本では現在でも商用を目的とした旧型オーナーが約9000名いるそうだ。そういった人たちの復活を待ち望む声を聞き、このたびの導入に至ったという。▲1968年の発売開始以来、約180の国および地域で販売されているハイラックス。累計世界販売台数は約1730万台(2017年7月末時点・トヨタ調べ)▲“TOYOTA”の文字は新型でも健在だ!私が新車  ・・・続きはこちら
(17-11-10)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索