中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  カローラツーリング
カローラツーリング「トヨタ」のカタログ情報!

カローラツーリングのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
201.3万円~299.8万円
JC08モード燃費
28.4km/L~35.0km/L
10・15モード燃費
排気量
1196cc~1797cc
最高出力
98ps~140ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4495mm×1745mm×1460mm
乗車定員
5名


カローラツーリングのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.8 ハイブリッド WxB 2019年10月~  280万円(税込) FF フロアCVT
1.8 ハイブリッド S 2019年10月~  265.1万円(税込) FF フロアCVT
1.8 ハイブリッド G-X 2019年10月~  248.1万円(税込) FF フロアCVT
1.8 ハイブリッド WxB E-Four 4WD 2019年10月~  299.8万円(税込) 4WD フロアCVT
1.8 ハイブリッド S E-Four 4WD 2019年10月~  284.9万円(税込) 4WD フロアCVT

カローラツーリングの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2019/09~2019/09 フルモデルチェンジ新車リリース フィールダーから車名を一新したカローラのワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

【新型】トヨタ RAV4|アメリカで大人気のSUVが2年8ヵ月ぶりに日本凱旋

▲北米を中心に絶大な支持を得ているRAV4(ラブフォー)。2018年のアメリカでの販売台数ランキングはピックアップトラックの3強に次いで第4位1994年、本格的なクロスカントリーモデルが全盛の時代に5ナンバーサイズの“ライトクロカン”という新たなジャンルを開拓して一大旋風を巻き起こした初代RAV4(ラブフォー)。 初代の特徴は見た目こそ都会的で若者を意識したカジュアルな雰囲気でしたが、中身はモータースポーツに参戦できるほど本格的な機構を備えていました。 その後、RAV4はモデルチェンジを重ねるごとにボディサイズを拡大。これは北米からの要望を受けたものでしたが、日本ではそれがあだとなり、販売台数が伸び悩んでいきます。 そして4代目は日本に導入されず(4代目へのモデルチェンジ後も日本ではしばらく3代目が継続販売されていました)、2016年7月に日本での販売が終了となります。 「もう日本で新しいRAV4に乗ることはできない」と思われていましたが、2019年4月、新型RAV4が日本で発売開始となりました(世界的には5代目ですが、日本では4代目扱いになります)。  ・・・続きはこちら
(19-09-17)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索