中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  クラウンコンフォート
クラウンコンフォート「トヨタ」のカタログ情報!

クラウンコンフォートのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2014年04月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
JC08モード燃費
10・15モード燃費
9.8km/L
排気量
1998cc
最高出力
113ps
駆動方式
FR
スケール
4695mm×1695mm×1525mm
乗車定員
5名


クラウンコンフォートのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
2.0 デラックス 2014年04月~  FR フロア4AT
2.0 デラックス Aパッケージ 2014年04月~  FR フロア4AT
2.0 スタンダード 2014年04月~  FR フロア4AT
2.0 デラックス ウェルキャブ 後席回転シート Aタイプ 2014年04月~  FR フロア4AT
2.0 デラックス Aパッケージ ウェルキャブ 後席回転シート Aタイプ 2014年04月~  FR フロア4AT

クラウンコンフォートの他のモデル

2014/04~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/10~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備が充実  
2012/07~2013/09 フルモデルチェンジ一部改良    
2008/08~2012/06 フルモデルチェンジ一部改良 新エンジンを搭載し燃費が8.8%向上  
2004/06~2008/07 フルモデルチェンジ一部改良 LPGエンジンの燃費が向上  
2002/10~2004/05 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備の充実を図る  
2001/08~2002/09 フルモデルチェンジ一部改良 アイドリングストップ機構を採用  
2000/01~2001/07 フルモデルチェンジ一部改良 衝突安全ボディGOAを採用  
1998/01~1999/12 フルモデルチェンジ一部改良 LPGエンジンの基本性能を向上  
1997/01~1997/12 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備の充実を図る  
 

クルマニュース

徹底的に鍛えられた走りと高い品質に注目のトヨタ C-HR(試乗レポート)

▲話題の新世代プラットフォーム「TNGA」を採用し、プリウスに続く第2のモデル「C-HR」(画像はGグレード)4WDターボのS-Tが好印象だったプロトタイプ試乗会から3ヵ月発売1ヵ月で4万8000台受注と、トヨタの新世代プラットフォームTNGAを使ったコンパクトSUV「C-HR」の人気は想像以上であるのはご存じのはずだ。 以前、プロトタイプの試乗会はテストコースで行われた。1.2リッターターボ4WDの17インチ仕様、S-Tグレードが個人的にはバランスが良く1.8リッターハイブリッドモデル、Gグレードはもう一歩と感じた。今回は一般道での試乗会で、路面のわだちやうねりなど、道路の状況が全く違うため、静粛性に大きく違いが出るであろう。S-T、Gに加え、1.2リッターターボ4WDの18インチモデル、G-Tグレードにも試乗できたので、その模様をお伝えしたい。他には真似のできない質の高いボディデザインとインテリア今までのトヨタ車と違い、ボディ表面を複雑にすることで陰影が生まれ、質の高いボディデザインとなっている。またインテリアもダッシュボードの手触りがソフトで、ドアトリムもし  ・・・続きはこちら
(17-05-08)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索