中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  ハイエース
ハイエース「トヨタ」のカタログ情報!

ハイエースのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2020年05月~生産中モデル
ボディタイプ
ミニバン
新車時価格
288.6万円~536.8万円
JC08モード燃費
8.7km/L~9.6km/L
10・15モード燃費
排気量
2693cc
最高出力
160ps
駆動方式
FR/4WD
スケール
5380mm×1880mm×2285mm/他
乗車定員
10名


ハイエースのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
2.7 グランドキャビン 2020年05月~  368.4万円(税込) FR インパネ6AT
2.7 グランドキャビン 4WD 2020年05月~  399.4万円(税込) 4WD インパネ6AT
2.7 GL ロング ミドルルーフ 2020年05月~  311.6万円(税込) FR インパネ6AT
2.7 GL ロング ミドルルーフ 4WD 2020年05月~  342.5万円(税込) 4WD インパネ6AT
2.7 DX ロング ミドルルーフ 2020年05月~  288.6万円(税込) FR インパネ6AT

ハイエースの他のモデル

2020/05~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2019/10~2020/04 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2017/12~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 衝突回避支援システムを標準装備  
2016/06~2017/11 フルモデルチェンジ一部改良 安全性能を向上  
2015/01~2016/05 フルモデルチェンジ一部改良 環境性能が向上している  
2014/04~2014/12 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/12~2014/03 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の意匠が変更された  
2012/05~2013/11 フルモデルチェンジ一部改良 盗難防止性能や利便性の向上が図られた  
2010/07~2012/04 フルモデルチェンジマイナーチェンジ ターボディーゼルエンジンの環境性能を向上  
2007/08~2010/06 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更と新ディーゼルエンジンを採用  
2005/11~2007/07 フルモデルチェンジ一部改良 ヘッドライトを改良  
2004/08~2005/10 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 新しいボディを与えられたビジネスモデル モデル一覧→
1999/07~2004/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観を変更しボディを50mm拡大  
1998/08~1999/06 フルモデルチェンジ一部改良 快適装備を充実  
1996/08~1998/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 外観の変更とデュアルエアバッグなどを標準化  
1995/08~1996/07 フルモデルチェンジ一部改良 エンジンの環境性能を向上  
1994/08~1995/07 フルモデルチェンジ一部改良 一部グレードの装備を充実  
1993/08~1994/07 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 内外装の変更とエンジンの追加  
1992/05~1993/07 フルモデルチェンジ一部改良 安全装備を充実  
1990/10~1992/04 フルモデルチェンジ一部改良 エンジンの改良と4WDの設定を拡大  
1989/08~1990/09 フルモデルチェンジフルモデルチェンジ 1BOXの定番となった大ヒットモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ

▲2017年に登場したトヨタ 86GRを公道で試す機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートするGRMNよりマイルドで公道走行に期待できる86GRFRレイアウトに水平対向エンジンを搭載した、2ドアピュアスポーツの「トヨタ 86」、「スバル BRZ」であるが、トヨタには、とりわけスポーツ性能を向上させたGRシリーズが存在する。86はそのシリーズ中で、中核を担う大切なモデルだ。 2017年に登場した86GRは、見た目重視のエアロパーツを装備したのではなく、絶対的な性能を誇るモデルである。 そもそも86GRは、100台限定のスペシャルモデル「86GRMN」のツーリング版といったモデルだ。 86GRはサーキットで試乗したことがあるが、やはり86GRMNと比べるとマイルドになった雰囲気は否めなかった。しかし、そのしなやかなサスペンションは、一般公道ではむしろ疲れないのではないか? と思っていた。 サーキットは事前に路面状況を把握しやすいが、公道では予測できないカーブや連続的に続くカーブ、路面のギャップなどわからない部分はいくつもある。 そこで86GRを200  ・・・続きはこちら
(20-07-11)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索