中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  MIRAI
MIRAI「トヨタ」のカタログ情報!

MIRAIのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2018年10月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
727.5万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
154ps
駆動方式
FF
スケール
4890mm×1815mm×1535mm
乗車定員
4名


MIRAIのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
ベースモデル 2018年10月~  727.5万円(税込) FF AT

MIRAIの他のモデル

2018/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 トヨタセーフティセンスを標準装備  
2014/12~2018/09 フルモデルチェンジ新車リリース 優れた環境性能と利便性を実現した世界初の市販型燃料電池車 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」

▲今回試乗したのは、2019年5月に発売となった新型のトヨタ スープラ。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートする3グレードすべてを乗り比べ昨年の12月にスープラプロトタイプをサーキットで試乗し、そのポテンシャルの高さを感じずにいられなかった。スープラ、サーキット試乗の模様はこちら!しかし、試乗したのは6気筒モデルの最もパフォーマンスが高いモデルであったことと、プラットフォームを共有するBMW Z4に比べると、しなやかではあるがあともう少しそのしなやかさがあればさらに上質になるのではとエンジニアと話をした。BMW Z4の試乗の模様はこちら!あれからおよそ半年が経過して、市販モデルのスープラを試乗することができたのでお伝えしたい。 試乗したのはプロトタイプでサーキット試乗した「RZ」、そして4気筒モデルの「SZ–R」と「SZ」だ。 まず我々の最初の試乗はトップレンジの「RZ」からである。 修善寺のタイトな山間部をひたすら走り込んだ。 サーキットでは分からない、一般道の不特定多数の路面状況でのセッティ  ・・・続きはこちら
(19-07-04)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索