中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  MIRAI
MIRAI「トヨタ」のカタログ情報!

MIRAIのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
セダン
新車時価格
741万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
0cc
最高出力
154ps
駆動方式
FF
スケール
4890mm×1815mm×1535mm
乗車定員
4名


MIRAIのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
ベースモデル 2019年10月~  741万円(税込) FF AT

MIRAIの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2018/10~2019/09 フルモデルチェンジ一部改良 トヨタセーフティセンスを標準装備  
2014/12~2018/09 フルモデルチェンジ新車リリース 優れた環境性能と利便性を実現した世界初の市販型燃料電池車 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン

▲2019年9月にフルモデルチェンジされたトヨタ カローラ。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートする好評のプラットフォームを使用C-HRやレクサス UXの試乗などで何度かお伝えしているが、トヨタの新たなアーキテクチャーで作られたGA-Cプラットフォームはとてもいい。プリウスで初めて採用されたが、C-HRからぐっと良くなって本領発揮となった。 レクサス UXの試乗記はこちら車の基本は、骨格でもあるプラットフォームで決まってくる。各メーカーしのぎを削っていることは間違いない。これに一本筋が通っていないと、曖昧な移動する手段のみの車となってしまう。▲人気のコンパクトSUV、C-HRと同様のGA-Cプラットフォームを採用する全幅1700mmの壁を越え3ナンバーにカローラのセダンは、いうなれば一生懸命になって操作する必要に駆られない、落ち着いてゆとりをもって走らせる車という印象がある。車を単なる移動の手段として走らせていたユーザーが、ステアリングを握っているような雰囲気が否めなかった。果たして、この3ナンバーのデ  ・・・続きはこちら
(19-11-11)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索