中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  プロボックス
プロボックス「トヨタ」のカタログ情報!

プロボックスのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2012年04月~2013年10月
ボディタイプ
ステーションワゴン
新車時価格
127.4万円~172.5万円
JC08モード燃費
13.4km/L~16.2km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
105ps~109ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4195mm×1695mm×1510mm/他
乗車定員
5名


プロボックスのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.5 F 2012年04月~2013年10月 127.4万円(税込) FF フロア5MT
1.5 Fエクストラパッケージ 2012年04月~2013年10月 138.9万円(税込) FF フロア5MT
1.5 F 2012年04月~2013年10月 135.3万円(税込) FF フロア4AT
1.5 Fエクストラパッケージ 2012年04月~2013年10月 146.7万円(税込) FF フロア4AT
1.5 F 4WD 2012年04月~2013年10月 148.4万円(税込) 4WD フロア5MT

プロボックスの他のモデル

2012/04~2013/10 フルモデルチェンジ一部改良 リアの安全性が向上  
2010/06~2012/03 フルモデルチェンジ一部改良 装備の充実化が図られた  
2008/08~2010/05 フルモデルチェンジ一部改良 バンモデルの装備を充実  
2005/08~2008/07 フルモデルチェンジ一部改良 ヘッドライトの改良と装備の充実  
2002/07~2005/07 フルモデルチェンジ新車リリース 実用性を徹底追求したビジネスワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV

▲今回試乗したのは、2019年4月に発表された新型のトヨタ RAV4。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道&ラフロード試乗の模様をレポートする。厩舎が並び北米カントリー風の景色も楽しめる(?)富士の麓を走行!イメージを一新して帰ってきた5代目令和元年。国内における最初の新車試乗となるトヨタ車は、5代目となったRAV4である。 先代は日本では販売されなかったが、その4代目RAV4は北米の西海岸に行くと日に何台も必ず目にする人気車である。 今回の新型RAV4は、最新のカムリなどに採用されている「GA-Kプラットフォーム」を携えて、5代目として日本に登場した。 先代はスポーティで美男子なフロントマスクと、どことなく無骨さがあるリアビューとの対比が印象的だった。 しかし5代目はフロントは、北米のマーケットで人気のあるピックアップのトヨタ タコマのような、力強くマッシブな顔つきである。 またリアはレクサスを感じさせる、スタイリッシュかつ上品な装いである。 先代とは真逆な雰囲気なのが印象的だ。 今回の試乗は高原の一般道と、クローズドのグラベル(砂利道)、それとちょっとしたラ  ・・・続きはこちら
(19-05-12)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索