中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  トヨタ >  スペイド
スペイド「トヨタ」のカタログ情報!

スペイドのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年12月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
182.8万円~276.9万円
JC08モード燃費
16.0km/L~22.2km/L
10・15モード燃費
排気量
1496cc
最高出力
103ps~109ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
3995mm×1695mm×1690mm/他
乗車定員
3/5名


スペイドのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
1.5 G 2017年12月~  197.7万円(税込) FF インパネCVT
1.5 G 4WD 2017年12月~  212.9万円(税込) 4WD インパネCVT
1.5 F 2017年12月~  187.9万円(税込) FF インパネCVT
1.5 F 4WD 2017年12月~  203万円(税込) 4WD インパネCVT
1.5 Y 2017年12月~  189万円(税込) FF インパネCVT

スペイドの他のモデル

2017/12~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2016/06~2017/11 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/07~2016/05 フルモデルチェンジ一部改良 1.5L(2WD)車の燃費性能が向上  
2014/04~2015/06 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2012/07~2014/03 フルモデルチェンジ新車リリース クールで機能的、かつ親しみやすいデザインを追求 モデル一覧→
 

クルマニュース

ぶつかるー! と心で叫んでもジェントルに停止するトヨタの先進安全機能『Toyota Safety Sense』第2世代

▲暗い道ではライトを点灯していても歩行者を認識することが難しいこともしばしばトヨタの先進安全装備Toyota Safety Senseが第2世代にトヨタ自動車は、「交通事故死傷者ゼロ」という目標を掲げて先進安全性能の開発を進めている。 「Toyota Safety Sense(TSS)」と呼ばれるパッケージ化した予防安全システムを車に搭載して販売しており、すでに世界累計で800万台に達している。これは、2種類のセンサーを組み合わせて認識性能と信頼性を両立させたシステムだ。 内容は車種によって異なる場合もあるが、主には前車とのプリクラッシュセーフティ(PCS)、歩行者とのPCS、レーンを逸脱したときのレーンディパーチャーアラート(LDA)、オートマチックハイビーム(AHB)にレーダークルーズコントロールなどがある。 ちなみに、上記機能の一部を採用した装置は20年近く前から搭載が始まっている。あくまでドライバーの補助的な役割がメインであるが、私自身も試乗を行う度にその性能の進化を感じていた。 一方、最近では他社の先進安全性能も著しく向上している。正直言ってしまうと、TSSの性能は  ・・・続きはこちら
(18-06-18)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索