中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  フォルクスワーゲン >  up!
up!「フォルクスワーゲン」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年04月~生産中モデル
ボディタイプ
ハッチバック
新車時価格
158.7万円~204.9万円
JC08モード燃費
22.0km/L
10・15モード燃費
排気量
999cc
最高出力
75ps
駆動方式
FF
スケール
3610mm×1650mm×1495mm
乗車定員
4名


up!のグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
move up! 2017年04月~  158.7万円(税込) FF フロア5AT
move up! 2017年04月~  178.7万円(税込) FF フロア5AT
high up! 2017年04月~  193.8万円(税込) FF フロア5AT
up! with beats 2017年04月~  172.3万円(税込) FF フロア5AT
up! with beats 2017年04月~  192.3万円(税込) FF フロア5AT

up!の他のモデル

2017/04~生産中モデル フルモデルチェンジマイナーチェンジ    
2015/06~2017/03 フルモデルチェンジ一部改良 JC08モード燃費25.9km/Lを達成  
2014/04~2015/05 フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2013/05~2014/03 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2012/10~2013/04 フルモデルチェンジ新車リリース クラス水準を超えたクオリティが自慢のエントリーモデル モデル一覧→
 

クルマニュース

国産SUVでは物足りない人への新提案、フォルクスワーゲン ティグアン(試乗レポート)

▲人気のコンパクトSUVが2代目へとモデルチェンジ。旧型より“長く、幅広く、低く”したことでスポーティなスタイルに。モバイルオンラインサービス(Car-net)をはじめ、インターネットなどとの接続性を高める機能を採用しているのもポイント国産SUVでは物足りない人への新提案一見すると水平基調のプレーンなシルエットだが、ボンネット上に左右に2 本ずつ走る、まるで指でつまみ上げたような立体的なプレスラインやボディサイドのショルダーラインに最新のVWの精緻さがよく表れている。約8年ぶりのモデルチェンジで2 代目になったティグアンは、現行型ゴルフに始まった横置きモジュール「MQB」を用いた第5弾モデルだ。 インテリアデザインも基本的にはそれらの流れを受け継いだもので、メーターはアウディ譲りのナビゲーションなども表示可能な液晶デジタルタイプになった。ACCをはじめとする様々な先進安全機能も標準装備するし、最新のインフォテイメントシステムにオンラインサービスの充実など、どんどんデジタル洗練度が上がっている。また旧型より全長70mm、全幅30mm大きくなったことで  ・・・続きはこちら
(17-05-17)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索