中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  ボルボ >  V60クロスカントリー
V60クロスカントリー「ボルボ」のカタログ情報!

V60クロスカントリーのカタログ

他のモデルに切り替え
フォントサイズの変更

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2017年08月~生産中モデル
ボディタイプ
クロカン・SUV
新車時価格
514万円~549万円
JC08モード燃費
13.1km/L~19.5km/L
10・15モード燃費
排気量
1968cc
最高出力
190ps~245ps
駆動方式
FF/4WD
スケール
4640mm×1865mm×1540mm
乗車定員
5名


V60クロスカントリーのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 グレード一覧を見る
D4 クラシック ディーゼルターボ 2017年08月~  514万円(税込) FF フロア8AT
T5 AWD クラシック 4WD 2017年08月~  549万円(税込) 4WD フロア8AT

V60クロスカントリーの他のモデル

2017/08~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良    
2016/09~2017/07 フルモデルチェンジ一部改良    
2015/10~2016/08 フルモデルチェンジ新車リリース SUVテイストのスポーツワゴン モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】新型 ボルボ V60クロスカントリー|本場スウェーデン氷上ドライブ。デザインも走りも安全性も一切無駄がない!

▲新型ボルボ V60クロスカントリーを本場スウェーデンで試乗したのでその模様をお届けする本場スウェーデンだからこそ実感した、ボルボの実力『ルーレオ(Lulea)』、ボルボのお膝元であるスウェーデン、首都ストックホルムから飛行機で1時間程北上したボスニア湾沿いの場所に、その街はあった。フィンランド国境にも近く、運が良ければオーロラを見られるくらい北極圏に程近い場所なのである。 沖合の大小800個程の島を含み、中世の時代から重要な港町であったらしいが、現在でも鉄鉱石を輸送する重要な港があり、主要産業である鉄鋼業が8万人程の人口を支えている。 冬季は海が凍るため、沖合の島との行き来は氷上を自動車で移動することができる。氷が厚く、砕氷船が待機している程だ。 人気の観光スポットである『ガンメルスタードの教会街』はユネスコ世界遺産にもなっている。 成田からデンマークのコペンハーゲン、スウェーデンのストックホルムと、二度の乗り継ぎを経なければたどり着けない。今回、5時間の行程でもさほど余裕はなかった。 日本との時差は8時間、この季節は15時あたりから朝8時までは薄暗いままだ。海上が凍る  ・・・続きはこちら
(19-02-27)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

スウェーデン
ボルボ
サーブ

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索